029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

サムライ昇龍 一番 中学 中学生 勉強 実績 成績 講習 通常授業

100点には3種類ある

ひたちなか市の学習塾・進学塾・個別指導塾 受験予備校常勝の吉村仁です。

那珂市では1学期あらため前期の中間テストはなく、週明けにいきなり期末テストですが、

ひたちなか市では中間テストが終わって、いつもながら5教科が出揃い、いつもながら100点がバンバン出ました。

毎年のことです。

ところで、100点といいながら、実は、その中身は大きく3種類あると、いつも生徒には言っています。

1)マグレの100点

2)順当な100点

3)圧倒的な余裕の100点

昔ながらの進学塾スタイルでは3)を標榜していたわけですが、

ゆとり教育以降、どんどん勉強しなくなっているので、

3)は絶滅危惧種と思われます。

ですから、先日の「幽霊お兄ちゃんが東京大学に合格させてくれた話」のように、

要するに3学年先ぐらいの勉強を常にしていれば、

別に気取った進学塾などに頼らなくても、

教科書から出題されるテストなんか100点がバンバンとれるはずなのです。

ものすごく余裕うがあって、笑いながら、他人の半分の時間で100点をとるイメージです。

受験予備校常勝の小学生も、それを目指しています。

でも現状が100点じゃない場合は、順序を踏む必要があります。

まず、1)のマグレの100点がとれたという実績を出すことです。

つまり、実態は不完全だけれど、ラッキーなことに100点が出ちゃった!という状態です。

普通、この段階が最初です。

次は、2)の順当な100点です。

本当に出題範囲がパーフェクト、完璧な状態でテストを受けたので、当然に全問得点できた、という状態ですね。

これは天才じゃなくても、要するに理解するまで勉強し、覚えるまで訓練し、命中するまでトレーニングし、そして確認チェックを徹底的にすることで、普通の脳みそを持った人ならば、できるはずです。

いわゆる秀才型、という状況ですね。

80点ぐらいの状態にするのは、ものすごく簡単なので、ほとんどの人がそこで満足してしまうのですが、

100点というのはパーフェクトということなので、次元が違うのです。

まあ、経験がなければ永遠に分かるはずがありません。

まずは1)マグレで100点をとってしまった状態になる行動をするしかありません。

 

と、いうことで、100点なんか、実はカンタンです。

受験予備校常勝ならば。

 

幽霊お兄ちゃんが東京大学に合格させてくれた話

 

夏期講習

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ