029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

中学 小学 成績 数学 考え方 通常授業

物理法則

ひたちなか市の進学塾・学習塾

受験予備校常勝の塾長の吉村です。

 

 

単純なことを、

わざわざ複雑にしている、

ということは、

現代病なんじゃないかと思う。

 

いや、

ダーウィンではないが、

進化の宿命か?

 

複雑に見えるものは、

単純化する必要がある。

 

 

このブログは勉強とか受験について書いている

受験予備校常勝の塾長のブログなので、

勉強とか受験について言えば、

 

成績を上げたい

とか、合格したい、

というのは、

あるレベルに到達したい、

ということなわけで、

そのためには、

そのレベルに到達するだけの時間と労力とを

蓄積すればいいだけ、

という、

まさに、物理法則なのだと思う。

 

そのために、

少しでも摩擦やロスを少なくしたい、

というのは人間だもの、当たり前のことだ、

としても、

 

そのレベルに到達するだけの時間と労力とを

蓄積すればいい

という本質は、

どうやっても 変わらないのだ。

 

 

エネルギー保存の法則

というのは

中学校の理科の教科書に出てくるが、

元々ゼロなものを、

いきなり100にすることは、

ありえないわけだ。

 

成績アップとか合格といった結果というのは、

そうなるのが当然な要因・原因・理由があるからで、

ということは、

そうなるのが当然な要因・原因・理由を積み上げれば、

成績アップとか合格といった結果は、

自然に出るわけだ。

 

その蓄積も、

短期間の蓄積ならば

短期間でそれを失うことは、

物理法則なのであって、

 

勉強でもスポーツでも芸術芸能でも、

同じなのだと思う。

 

少なくとも個人技の世界は、

物理法則に支配されている、

と思う。

 

集団でも同じだとは思うが、

話がややこしくなるので、

個人技の話だけにしておく。

 

個人がやることは、

勉強だろうがそうじゃなかろうが、

単純に、物理法則に沿っているだけである、

と言いたいだけだ。

 

ただ、その素材、

つまり個人的な才能とか能力とか、

素質といったものは、

当然に違うのであって、

 

行き過ぎた平等思想が、

幻想を生んでいる、

とは思う。

 

「あなたは何にでもなれますよ」

というのは母親か学校の先生のセリフだが、

それはタテマエというものであって、

 

本当は、

粘土がプラスチックの役割はできないし、

水が火の代わりになることも無い、

というように、

生まれながらの才能・素質・能力といったものは、

必ずあると思う。

 

医学的生理学的に言えば、

ホルモンといったレベルで個人差は確実にあるのであり、

遺伝子自体も、個体差があるわけだ。

 

そういう適性・素質・才能みたいなものは、

大前提として あるけれども、

その範囲内・制限内では、

ただ、

物理法則があるだけだ、

と思う。

 

頑張れば、

それなりの結果が出る。

 

やらなければ、

やらなかったなりの

結果が出る。

 

一気にやれば、

一気に失う。

 

蓄積が足りなければ、

結果が出ないだけのこと。

 

 

真剣勝負のプロスポーツとか

果し合いの武道の世界では、

実際に切りあいをする前に勝って当然な状態になる

勝負の前に相手を凌駕する

試合の前に勝負は決まっている

といったことが言われると思うが、

 

なぜか、

勉強のことになると、

それが 分からなくなる人がいる。

 

スポーツでも武道でも芸術でも芸能でも勉強でも

同じだと思う。

 

要するに、

物理法則だ、

ということだ。

 

ありえないことは、

ありえない。

 

 

いや、

パラレルワールドというのがあって、

宇宙は複数存在するのだから、

・・・といったことまで持ち出すと、

幽霊も精霊も奇跡もオカルトも何でもアリ

になってしまうので、

そうなってしまうと

毎日寝ていたら突然 合格が降ってきた

といった話にもなってしまうのだろうが、

 

そういう荒唐無稽な話は

漫画や映画や本の中の空想としては

楽しいけれども、

そういう「楽しさ」は

時間つぶしにしか、ならない。

 

2+3だから5の結果だよ、

とか、いや、

2×3だから6の結果だよ、

といった議論はあるだろうが、

0+0が5や6になったりすることはない、

ということだ。

 

 

レバレッジ

などということが最近特に言われるが、

それは個人技の外側での話で、

スポーツでも武道でも芸術でも芸能でも勉強でも、

個人技の世界では、

ありえないとも思う。

 

まあ、

受験産業というのは

レバレッジのようなことを期待されるのだと思うが、

素質・素材・才能の問題と

個人技である

という問題とを考えれば、

他人の影響やシステムによるレバレッジ効果は

大したことがないのであって、

最大の要因は、

単純な物理法則

つまり エネルギーの問題である

ということだと思う。

 

 

大爆発する

ということは、

そのエネルギーが、

元からあった、

つまり、

蓄積されていて目に見えなかったものが

目に見える状態になった、

というだけのことだ。

 

 

成績アップでも合格でも、

そういうことだと思う。

 

 

結果が欲しいなら、

原因を作ればいいだけのこと。

 

その水先案内・ガイドをするのが、

私の役目だ。

 

 

有名予備校の舞台裏

受験予備校常勝へのお問い合わせ

水戸1高に合格できる理由

あきらめてください

受験予備校 常勝(常勝教育グループ吉村学院)
勝田教室:茨城県ひたちなか市東石川3-22-1 宮前ビル新館2F

TEL : 029-354-1241  (FAXは使っておりませんのでメールかフォームで) : 029-354-1241

Email : info@josyo.jp

 

---------------------メニュー---------------------
春期講習
夏期講習
冬期講習
小学部
中学部
高校部
スーパー先取り学習
水戸一高に合格できる理由
合格実績
合格体験記
親御さまの声
成績保証・合格保証
常勝について
塾長について
入塾のご案内
絶対合格
アクセス
写真
INTERNET授業
中学受験/高校受験/大学受験 のちがい
よくある疑問

    学校名 (必須)

    学年 (必須)
    高3高2高1中3中2中1小6小5小4小3小2小1幼稚園

    お子さまのお名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    お問い合わせ内容 (必須)

    メッセージ本文 (必須)

    どこで常勝を知りましたか? (必須)
    チラシ看板電話帳検索広告SNS紹介うわさその他

    © 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ