029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

小学部


私立中=温室栽培

公立中=露地栽培

どちらがベターかは、
なんともいえません。

一般の農作物でも温室と露地とがありますが、
普通、無農薬は「ありえない」と言われる林檎栽培でさえ、
露地の無農薬栽培を成功させた人がいると聞いたことがあります。

害虫がはびこり、雑草が生い茂る。
そんな中でも、美味しい林檎を作ることもできるそうです。
林檎ほど難しい作物じゃなくても、一般に
露地の無農薬有機栽培の方がいいという考え方も
一般的に認知されていると思います。

でも、温室栽培のほうがやっぱりいい
という考え方もあるでしょう。

この選択は、子供の人生を左右する重大な選択ですね。

-------------------------------------------------

テレビの影響なのでしょうか?

麻布中、開成中など超難関校の難問奇問の勉強をすることが
将来の一流大学への登竜門であるかのように思われがちですが、
それは特殊だから面白いというだけのことで、
「それが必要か?」と考えた時、
実は必要がない、というのが、
当塾の考えです。

なぜかというと、
たとえその難問奇問の解き方を知っていたとしても、
テストで確実に得点できるかどうかは全く別の問題であり、
現実的には、
学校よりもちょっと応用した程度の問題がパーフェクトにできるようになっていれば、
将来の一流大学への進学も、決して夢ではないからです。

簡単な例をいえば、
基本的な計算ミスが5%以上ある場合、
難問奇問にたどり着く遥かに手前の段階で、
既に合格点に届かない
ということになってしまいます。
それなのに難問奇問ばかりに取り組んでいては、
ただの自己満足ということになってしまい、
「時間のムダ」になりかねません。

実を言えば、
以前、他塾に通って間違った方針で中学受験の勉強をし、
それなりの私立中学に合格はしたものの、
得られたのは強い劣等感だけだった、
という中学生に会ったことがあるのです。
彼は13歳にして既に、
燃え尽きてしまっていたのです。

そんな結果を望む親が、いるでしょうか?
莫大なお金と時間と労力をかけて、
結果的には劣等感を手にし、
実は大した学力は身につかなくて、
抜け殻のような青春時代を送る、などという。

ですから、当塾では、
学校よりもちょっと応用した程度の問題が100%正答できるようになることを
最も重要視しています。

そうすることが、
私立中に進学するにせよ、
公立中に進学するにせよ、
受験「後」も見据え、
将来の一流大学も射程に入れた、
最も確実で堅実な戦略だと考えます。


中学受験専門のコースはありませんが、
中学受験に対応できる学力をつけることはできます。
県立中学を受験するのであれば、
小6の1学期までに小学校の内容で100点がとれる先取学習をしておき、
夏休み以降に過去問に取り組むことで、
合格可能です。
小学部 通常授業 

●既習範囲の徹底復習と先取り学習・予習によって学力を定着させます。

徹底的な反復学習により、苦手なところを集中的に勉強するだけではなく、学習指導要領で習得が必要とされている全単元をマスターすることを目的とし、実力を高めるために学校のレベルを越えた範囲までステップアップします。

●講習は年間カリキュラムの一部となっておりますので、塾生は原則として全員参加となります。

春期講習
夏期講習
冬期講習
小3・小4 スーパー先取り学習


国公立大学医学部・東大京大に現役合格するための特進コース

学年無制限・時間数無制限・授業受講無制限(1ヶ月100~120時間)

テキスト使用冊数無制限

プレミアムカリキュラム

年間教材費無料・諸費消耗品代無料・テスト代  4,000円/実施毎

入会金 15,000円<内訳>学籍登録料4,500円 学力分析・指導レベル設定料10,500円

月謝 95,000円


通常コース

入会金 15,000円

<内訳>学籍登録料4,500円 学力分析・指導レベル設定料10,500円


基本授業料(月謝)

小6  月24時間  月謝19000円
小5  月24時間  月謝18000円
小4  月24時間  月謝17000円
小3  月24時間  月謝16000円

各学年DK12 月12時間プラス  月謝プラス3500円
各学年DK24 月24時間プラス  月謝プラス6000円
各学年DK48 月48時間プラス  月謝プラス12000円
各学年DKUL 月最大時間プラス  月謝プラス24000円

教材費 年間8,400円


消耗品代(毎月)1,000円


テスト代(実施毎)4,000円
公中検テスト(実施毎)6,000円



よくある疑問・質問はこちらをご覧ください。

受験予備校 常勝(常勝教育グループ吉村学院)
勝田教室:茨城県ひたちなか市東石川3-22-1 宮前ビル新館2F

TEL : 029-354-1241  (FAXは使っておりませんのでメールかフォームで) : 029-354-1241

Email : info@josyo.jp


---------------------メニュー---------------------
春期講習
夏期講習
冬期講習
小学部
中学部
高校部
スーパー先取り学習
水戸一高に合格できる理由
合格実績
合格体験記
親御さまの声
成績保証・合格保証
常勝について
塾長について
入塾のご案内
絶対合格
アクセス
写真
INTERNET授業
中学受験/高校受験/大学受験 のちがい
よくある疑問


お問い合わせはこちらへ

↓ ↓ ↓

    学校名 (必須)

    学年 (必須)
    高3高2高1中3中2中1小6小5小4小3小2小1幼稚園

    お子さまのお名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    お問い合わせ内容 (必須)

    メッセージ本文 (必須)

    どこで常勝を知りましたか? (必須)
    チラシ看板電話帳検索広告SNS紹介うわさその他

    携帯メールアドレスはフィルター設定されており、

    こちらから送信したメールが届かないことが多いので、
    josyo.jpから受信可能にフィルター設定していただく か、または
    パソコンからのメールが受信できるパソコンなどのメールアドレスを入力してください。

    josyo.jpから受信可能にするフィルター設定が分からない方はこちら(まぐまぐさんです)

    が参考になります。


    兄弟割引について

    ●小学生同士の場合
    費用の低い方の授業料が月額半額

    ●上が中学生、下が小学生
    費用の低い方の授業料が月額半額

    ●中学生同士の場合
    費用の低い方の授業料を月額半額



    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    © 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ