029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

国語 小学

漢字練習が大嫌いなんです

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾 受験予備校常勝の塾長の吉村仁です。

私が小学生のときは、漢字練習が大嫌いでした。

だから、小学生が「漢字練習が大嫌いなんです」と言うのは、気持ちが分かります。

でも、それは、漢字練習がどういう意味や目的をもつのか?

誰も説明しないから、ただの苦行にしか感じないから、だと思います。

小学生は、小学校の内容しか経験がないので、たとえば漢字練習が全てなのです。

でも、中学校に入ると、1年間で覚えなければならない知識は1教科あたり2倍以上に膨れ上がります。

しかも、すべての教科で、です。

さらに、ほぼ全員が高校に進学するので、高校はというと、

高校は学校ごとにピンからキリまでありますが、大学進学する進学校であれば、1年間で覚えなければならない知識は中学校の3倍以上になります。

何が言いたいのか?というと、

漢字というのは、要するに「言葉」なわけで、小学生は言葉を知らないわけです。

「考える」というのは言葉を使ってやりますから、「言葉」を知らなければ、「考える」ということができないのですね。

で、考える元となる漢字=言葉が、中学生になると倍以上、高校生になればさらに4倍、つまり、小学校の8倍ぐらいの内容を、3年後ぐらいには勉強して覚えていかなければいけないのです。

こういうことが分かっていれば、「漢字練習が大嫌いなんです」などというのは、これからやっていく勉強全体が嫌いなんです、というのと同じようなものだ、ということになりますよね。

そもそも、勉強の9割ぐらいは「覚える」ですよね。

そうでなければ、考えること自体ができない。

「解き方」だって、覚えていなければ解けません。

というわけで、漢字練習というのは日本語の「言葉」「語彙」なのです。

勉強の初歩の初歩、ですね。

 

というわけで、小学生は、漢字練習しましょう。

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ