029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

サムライ昇龍 高校入試

東大合格者なら普通の勉強法は普通じゃない勉強法だった

2浪、偏差値35という崖っぷちから1年で奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠さんという方が、多くの人が陥っている「残念な勉強法」とその改善策を解説してくれている記事がある。

https://toyokeizai.net/articles/-/222443

「再現できるかを確認する」

「アウトプットを想定する」

「つねに考える」

教えてもらえばすぐにできるようになる、などというのは論外で、成績が悪い人の勉強法。覚えない勉強なんか意味が無い。でも覚えるといっても、機械的な暗記は残念な勉強法で、覚えるというよりも思い出すことが大切。しかも言葉や公式そのものを思い出す=覚えるのではなくて、言葉や公式などをどう使うのか?まで含めて「流れ」や「全体」を覚える。そして、覚えるだけではなくて常に考え続ける。

・・・というのだ。おもしろい!こういうのは東大合格者ならば「普通の勉強法」なんだろうけれども、それは、普通の学生にとっては「普通じゃない勉強法」だった、というわけだ。

ちなみに、受験予備校常勝では昔から、西岡壱誠さんがおっしゃる「東大合格者ならば普通の勉強法」を、トップの水戸一高などの受験合格を目指す中学生に、指導してきた。

つきつめると、同じ結論になるんですね。

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ