029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

サムライ昇龍 スーパー先取り学習 中学 中学生 勉強 小学 考え方

マイペースでは駄目だということ

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾 受験予備校常勝の塾長の吉村仁です。

赤ちゃんは立つこともできないのに、立つことができるようになった。

さらに、歩くことができるようになって、自転車に乗ることもできるようになった。

幼稚園に入って、ついこの間までしゃべることもできなかったのに、平仮名・カタカナが書けて、足し算などの計算ができるようになった。

小学校に入って、去年よりも難しい文章が読めるようになった。

子どもの成長は、去年よりもぐんぐん、新しいことができるようになるので、成長したなあ、と実感することになりますね。

数年前はオムツをあてていた子供が、今では難しい漢字が書けるようになった。

・・・それが、親の感覚でしょう。

その基準は、以前よりも成長した、ということだったのですね。

ところが、中学校に入ると、基準が変わった。

それは、以前よりもできるようになったかどうかということではなくて(そんなものは当たり前で誰でもそうで)、

他人と比べてどの程度できるのか?というように、基準が、他人になった。

そしていつのまにか、テストだらけになって、テスト勉強もテストそのものも、締め切りに追われるようになった。

基準が、本人の過去ではなくて、学校とかライバルとか、締め切りになった。

できなかったことができるようになるだけでは、評価されない。

大事なことは「時間」である。

いつまでに、どの程度まで、できるようになるのか。

そうなると、上手な「時間の使い方」を学ばなければならなくなった。

義務教育の最終段階である中学校では、過去の自分よりも成長したという基準だった小学校とは、基準が変わったということに、気付かなければいけなくなった。

 

できれば、小学校の高学年になるよりも前に、大人の基準に切り替えた方がいいと思う。

 

マイペースは、通用しない。

 

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ