029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

高校部

あなたの高校の教科書・宿題・進め方に完全対応します。

最新の受験情報を、あなたの希望や勉強内容に合わせて提供します。

最小の努力最大の結果を出す勉強法をご指導致します。

※(講習期間の高校部は、通常授業と同じです)


 

大学受験の大手予備校で人気講師であり、

東大・京大・早慶・一橋・東工大・医学部など

長年にわたり、国内トップの実績を出し続けておられる

大学受験のプロ中のプロ

中村先生という方が、

こう証言している。

--------------------以下、引用-----------------------

高校入試のゴールは
合格発表時ではない。

5月GW終了時である。

なぜならそこには
中村の法則が存在するからだ。

以下、詳しく述べる。

実は3年間、順位変動は起きない

毎年東大に必ず2人以上合格する高校
いわゆる「進学高」の場合
高1生1学期末の全国模試の当該高校学年順位は
3年間、ほぼ変わらない。

だから進学高に合格した生徒が、
難関大
すなわち
国公立医
東大
京大
早慶
一橋
東工
大阪
東北
名古屋
を目指すのであれば、
高1生1学期末までに
最高順位を確保せねばならない。

この話を真正面から信じて、
高校入試直後から春休みに
猛勉強して高校学習を先取りし、
その結果
高1生1学期末までに
最高点を叩き出した生徒達は、
皆、ほとんど全員、
第一志望に現役合格している。

もちろん、例外もある。
しかし、高1生1学期末に
学年10位内にいた10人のうち、
10人とも高3で脱落した話は、
今までに一度も聞いたことが無い。

席は3つだけ?!

どんなに悪くても
6~7人は10位以内に残っている。

すなわち、
後から10位以内に入る席は
3~4つしか用意されていないのだ。

--------------------以上、引用-----------------------

 

私も、ズバリ、

その通りだと思う。

高校合格はゴールではない。

途中経過だ。

 

入学式には、

大学受験が始まる。

 


大学合格に際して、次の名言がある。

  • 英語が出来なければ大学に行けない。
  • 数学が出来なければ国公立大学に行けない。
  • 古典が出来なければ難関大学に行けない。

もちろん、物理・化学・生物・世界史etc….の勉強も重要だ。

しかしとりわけ、上記3科目が最重要なのである。

この3科目でロケット・スタートを切るのだ。

そうすることで、まずは高校上位を確保しよう

それが高1生にまず必要となる第一歩なのだ。

 


 

大学受験の大手予備校で人気講師であり、

東大・京大・早慶・一橋・東工大など

長年にわたり、国内トップの実績を出し続けておられる

大学受験のプロ中のプロの

中村先生という方が、

こう証言している。

--------------------以下、引用-----------------------

ぶっちゃけ、国公立大学に10人以上が、中でも旧帝大に毎年2~3名が合格している高校であれば、その高校の授業やテストを「100%きちっとこなせば」たとえ東大でもお釣りが来るくらいのレベルに到達するはずなんです。

それにもかかわらず、学校の授業やテスト「以外」に力を注がせて「二兎を追うものは一兎をも得ず」の状態になってしまう。。。。
実に・・・・実に悲しいことです。

私はそういう「真面目なのに正しい道を知らない」全国の高校生達に「光」を照らしてあげたい。
自分の高校の授業・テキスト・中間テストや期末テストを「100%きちっとこなす」ための具体的な方法を、一人ひとりに丁寧にお伝えしていきたいのです。

何を隠そう、私自身がそうだったのです。
自分の高校の授業を軽視し、大学受験用の参考書ばかり読み続けていた・・・・学校のテストは悲惨のひとこと。もちろん、模擬試験でも点が取れない。
結局、学校の授業を重視し、学校のテストを重視した友人が、有名国公立に進学していった。。。。

そこで私はハッと気づき、浪人時代は徹底的に予備校の授業に集中し、それ以外を一切やらなかった。
そうしたら、偏差値が25以上アップして、高校時代に憧れていた第一志望に合格したのです。

予備校講師となって、浪人生を指導する際、やはり伸びるのは「余計なことをあれこれやらない生徒」でした。
現役生を指導している今でも、私の側から宿題を出すことはありません。
学校でやっていることを徹底的にフォローするだけ。。。。それだけで、ちゃんと伸び、15年以上連続して医学部と東大に合格者を輩出し続けてきたのです。

そうした「真面目だけど大学受験には高校以外にいろいろとやらなきゃいけない病」にかかっている高校生達を、なんとかして救ってやりたい。
そうして、本当の自分の力を発揮し、本来の目標に向かって、力強く前進して欲しい。

そのように、強く強く、思い続けているのです。

 

今年も、現役で第一志望大学である東京大学・東京工業大学・筑波大学などに見事合格しました。

実際にやってきたのは、学校が指定した問題集と模試の復習だけ。 
それに対して、私の指示通りにきちっと学習した生徒さんが、センター試験で過去最高得点を獲得。 
さらに第一志望大学である東京大学・東京工業大学・筑波大学に見事合格。 
  
やはり、国公立大学に10人以上が、中でも旧帝大に毎年2~3名が合格している高校であれば、

学校が用意したものを深く正しく学習すれば、それで第一志望の国公立大学に合格できるのである。 
  
今年も、見事に証明して下さる生徒さんに感謝と敬意を評します。


難関大学合格実績【2019年度】

東京大学理科三類 / 受講教科 ⇒ 数・論文(面接対策)
東京大学文科一類 / 受講教科 ⇒ 数
東京藝術大学音楽部 / 受講教科 ⇒ 古文
慶應義塾大学医学部 / 受講教科 ⇒ 数・論文
慶應義塾大学薬学部 / 受講教科 ⇒ 数
慶應義塾大学経済学部 / 受講教科 ⇒ 数・論文
慶應義塾大学総合政策学部 / 受講教科 ⇒ 数・論文
慶應義塾大学環境情報学部 / 受講教科 ⇒ 数・論文
慶應義塾大学法学部 / 受講教科 ⇒ 論文
早稲田大学スポーツ科学部 / 受講教科 ⇒ 論文

・・・他


難関大学合格実績【2018年度】

東京大学 理科二類
筑波大学
東京工業大学 第6類
慶應義塾大学 法学部
慶應義塾大学 文学部
慶應義塾大学 薬学部
慶應義塾大学 理工学部
早稲田大学 国際教養学部
早稲田大学 先進理工学部
上智大学 文学部
青山学院大学 文学部
青山学院大学 総合政策
立教大学 文学部
東京理科大学 応用理工学部
北里大学 看護学部
東京女子医科大学 医学部

など多数


 

難関大学合格実績【2017 年度】

東大文一

東大理一

東工大 7 類

一橋大学 法学部

浜松医大医学部

慶應大学 法学部

慶應大学 経済学部

慶應大学 文学部

慶應大学 環境情報学部

鳥取大学 農学部

関西大学 文学部

など多数


 

受験予備校常勝では、

この中村先生からの指導直接

受けることができます。

 

この中村先生からの直接指導を受けたい方は

お問い合わせください。

 

超一流の方から

心のこもった指導を

受けることができます。

 

大手のような全員同じ内容の

授業の収録映像を視聴するのではなくて、

一流大学受験の達人が

あなたの悩みをリアルタイムに解決してくれますよ。

 

1科目あたり週3回まで直接指導を受けることができます。
1回あたりの質問数は無制限。

 


月謝
2 科目 28500円 4週間で16時間 自習室利用 +5000円  (自習室は曜日時間無制限・利用教科無制限)
3 科目 40500円 4週間で24時間 自習室利用 +5000円  (自習室は曜日時間無制限・利用教科無制限)
4 科目 55000円 4週間で32時間 自習室利用 +5000円  (自習室は曜日時間無制限・利用教科無制限)
5 科目 68000円 4週間で40時間 自習室利用 +5000円  (自習室は曜日時間無制限・利用教科無制限)
6 科目 81000円 4週間で48時間 自習室利用 +5000円  (自習室は曜日時間無制限・利用教科無制限)
※ 自習室は利用教科無制限
諸費
1000円/月

入会金
15000円 (中学部から継続の場合は無料)

高校部 特別指導(オプション・希望により)
30分 6000円/回

 

お問い合わせ

 


兄弟割引について

●小学生同士の場合
費用の低い方の授業料が月額半額

●上が中学生、下が小学生
費用の低い方の授業料が月額半額

●中学生同士の場合
費用の低い方の授業料を月額半額

●上が高校生、下が小学生の場合
費用の低い方の授業料を月額半額

●上が高校生、下が中学生の場合
費用の低い方の授業料を月額20%引き

●高校生同士の場合
費用の低い方の授業料を月額20%引き


 

受験予備校 常勝(常勝教育グループ吉村学院)
勝田教室:茨城県ひたちなか市東石川3-22-1 宮前ビル新館2F

TEL : 029-354-1241  (FAXは使っておりませんのでメールかフォームで) : 029-354-1241

Email : info@josyo.jp


---------------------メニュー---------------------
春期講習
夏期講習
冬期講習
小学部
中学部
高校部
スーパー先取り学習
水戸一高に合格できる理由
合格実績
合格体験記
親御さまの声
成績保証・合格保証
常勝について
塾長について
入塾のご案内
絶対合格
アクセス
写真
INTERNET授業
中学受験/高校受験/大学受験 のちがい
よくある疑問

お問い合わせはこちら

↓ ↓ ↓

    学校名 (必須)

    学年 (必須)
    高3高2高1中3中2中1小6小5小4小3小2小1幼稚園

    お子さまのお名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    お問い合わせ内容 (必須)

    メッセージ本文 (必須)

    どこで常勝を知りましたか? (必須)
    チラシ看板電話帳検索広告SNS紹介うわさその他

    携帯メールアドレスはフィルター設定されており、

    こちらから送信したメールが届かないことが多いので、
    josyo.jpから受信可能にフィルター設定していただく か、または
    パソコンからのメールが受信できるパソコンなどのメールアドレスを入力してください。

    josyo.jpから受信可能にするフィルター設定が分からない方はこちら(まぐまぐさんです)

    が参考になります。


     

    高校に行かないで、3年間かけて高校で勉強したはずの同じ内容を、浪人して1年かけて勉強しなおすと、成績が上がるようなイメージがあるが、本当だろうか?

     

    1年間浪人すると、100万円あるいはそれ以上、大手予備校に支払う「余計な費用」がかかると言われる。

     

    それなのに、実態は、大手予備校講師によれば、

    浪人生の4人に一人しか、偏差値は上がらなかった

    というのが、長年の経験で、本当の話なのだそうだ。

     

    そして、浪人生の4人に一人は、1年後も成績維持がやっと。だったという。

    1年後でも、成績は変わらなかったのだ。

     

    さらに、なんと、4人中2人、つまり2人に一人は、成績が下がってしまった。

     

    なぜ、そんなひどいことになってしまったのか?というと、

     

    そもそも意志が弱いから浪人したのであって、

    高校の先生のコントロールが無くなってしまったことで、本人の意志の弱さが、浪人中はひどくなるからだ。

     

    大手予備校には高校ほどの強制力が無いため、浪人すると、自由時間=遊ぶ時間が増えてしまうのだ。

     

    「勉強している」と称して、遊んでしまう人が、浪人生の半分以上なのだ。

     

    100万円あるいはそれ以上、大手予備校に「余計な費用」を支払った親の願いに反して、実に4人中3人までが、成績は変わらないか、あるいは悪化してしまったのだ。

     

    それが現実なのである。

     


    知人の例を話そう。

     

    彼は現役で大学受験に失敗し、不合格になったので、一念発起して、浪人生活を送りながら、猛勉強した。

     

    強い意志で1年間の猛勉強した結果、4人に1人しかいない「成績を上げること」に成功して、誰もがうらやむ第一志望の超難関有名国立大学に1年遅れで合格することができた。

     

    そこまでは良かったのだが、問題は、そのあとだった。

     

    親は公務員で高所得なわけではなかったので、浪人することに対する親のプレッシャーが凄まじかった。

     

    だから、背水の陣を敷いて、浪人の1年間だけは、高校3年分を取り返そうと、死ぬような思いで激しい勉強をしたのだ。

     

    ところが、合格してしまうと、浪人時代の1年間の反動が来てしまい、

    大学では最初から最後まで成績が悪く、大学卒業は辛うじてできたものの、ずっと低空飛行を続けた。

     

    その結果、成績が悪すぎて、就職ができなくなってしまった。

     

    そして、その後、姿を消した。

     

    なぜそうなったのか?というと、浪人時代の1年間が、あまりにも苦しすぎたのだ。

     

    短期間に無理に詰め込んだ反動が、彼の一生を台無しにした。

     

    「後で取り返せばいいや」というのは、そういう結末になる危険性がある。

     

    「後でやればいいや」という行動パターンは、彼のように、その後の失敗を呼び寄せる。

     

    なぜかというと、急激に無理をしたからだ。

     

    無理しすぎたから、勉強だけではなく、何もかも、嫌になってしまったのだ。

     

    浪人して猛勉強したことで、大学受験には成功した。

    でも、それが人生の大失敗の始まりだった、というわけだ。

     

    そんなことにならないためには、どうすればいいのか?というと、「急激にやらなければいいのだ」。

     

    高1ならば、高1のうちにやるべきことを、やらなければいけない。

     

    高2ならば、高2のうちにやるべきことを、やらなければいけない。

     

    高3ならば、高3のうちにやるべきことを、やらなければいけない。

     

    そうすれば、いつも無理していないので、習慣になっているから反動もなく、その後の一生も、うまくいく可能性が高い。

     

    後で取り返そうとするのではなくて、今すぐ、毎日、やってしまう習慣をつけるのだ。

     

    そういう行動パターンならば、反動は起こらない。

     

    つまり、高校に入学した日から、大学入試のための毎日の準備を始めて、それを3年間続ける。

     

    いや、高校の合格発表の翌日から、大学入試のための勉強を始めて、毎日、勉強を習慣化して、継続するのだ。

     

    そのためには、サポーターとかコーチみたいな存在があった方がいい。

     

    そういう機能を強力に持っているのが、受験予備校常勝なのだ。

     

    お問い合わせはこちら

    ↓ ↓ ↓

      学校名 (必須)

      学年 (必須)
      高3高2高1中3中2中1小6小5小4小3小2小1幼稚園

      お子さまのお名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      電話番号 (必須)

      お問い合わせ内容 (必須)

      メッセージ本文 (必須)

      どこで常勝を知りましたか? (必須)
      チラシ看板電話帳検索広告SNS紹介うわさその他

      携帯メールアドレスはフィルター設定されており、

      こちらから送信したメールが届かないことが多いので、
      josyo.jpから受信可能にフィルター設定していただく か、または
      パソコンからのメールが受信できるパソコンなどのメールアドレスを入力してください。

      josyo.jpから受信可能にするフィルター設定が分からない方はこちら(まぐまぐさんです)

      が参考になります。


       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      高校部
      高校部
      [`google_buzz` not found]
      高校部
      高校部
      高校部
      Pocket


      comment

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA


      © 2021 ひたちなかの同級生ゴボウ抜き学習塾|高校受験塾なら常勝

      %d人のブロガーが「いいね」をつけました。