029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

大学受験 東大 水戸一・水戸1 水戸一高

水戸一高生が有名国公立大学に現役合格するための勉強法

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾 受験予備校常勝の塾長の吉村です。

水戸一高生が有名国公立大学に現役合格するためには、勉強法はどのようにすればいいのか?ということですが、

教科書を徹底的にマスターする勉強をすればいいのです。

どういうことか?というと、水戸一高で使っている教科書は、有名国公立大学に現役合格できるための教科書なので、それを完璧にすればいいだけであって、それ以外の余計なことは一切しないこと、ということを徹底すればいいのだ、ということです。

なぜか?というと、水戸一高生は中学校のトップだった人ばかりなので、全能感を持っています。あれもこれもできそうな気がするので、あれもこれもやりがちなのです。

塾や大学受験予備校などがテキストや映像授業などを売り込もうとするので、それに乗せられるということもありますが、そういった「余計なもの」は、水戸一高で使っている教科書をマスターするためには、有害であることさえあるのです。

大学受験に成功するためには、高校受験の3倍以上の分量の難しい内容を勉強しなければなりません。余計なことをやっている余裕などないはずなのです。なのに、その余計なことに逃げようとする人がいます。

ダメです。罠です。そんな余裕も暇も無いはずです。

近道に見えることが、逆に遠回りなのです。そうではなくて、一見、遠回りに見える水戸一高の教科書をマスターするということが、実は最短コースです。

その上で、過去問に取り組むことになります。

逆の順序はありえません。

まあ、国公立入試問題の概要をつかむ、ということであれば、先に過去問で後から教科書ということもありうるでしょうが、そんなことはちょっとやればいい程度です。

要するに、水戸一高の教科書をマスターすればいいだけのこと。

とはいっても、モチベーション管理とか、細かい質問などもあるでしょう。

そのために、エキスパートがいるのです。

方針を間違えなければ、東大や京大や医学部などに現役合格することも可能です。

高校部

 

 

 

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ