029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

サムライ昇龍

座学3割実践7割が一番パフォーマンスが良い

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾 受験予備校常勝の塾長の吉村仁です。

成績を上げることなんか簡単です。座学3割で実践7割の比率でやれば、一番パフォーマンスが良いのです。

インプット3割アウトプット7割と言い換えても同じでしょう。もっと大雑把に、覚えることや理解に努めること1に対してその2倍問題を解くと、最もパフォーマンスが良い、ということでしょうか。

ただしそれは理想的な形であって、訓練・修練・鍛錬の要素を加えれば、覚えることや理解に努めること1に対してその2倍「以上」、たとえば4倍とか8倍問題を解けばいい、ということになるでしょう。

そのためのモチベーションは、目標設定です。本気で志望校に合格するつもりなのかどうか。その覚悟があるのかどうか。あるいは本当に100点がとりたいのかどうか。ライバルに勝ちたいのかどうか。それが無ければ、糸の切れた凧みたいに、ふらふらしてしまいますね。

そのうえで、座学3割で実践7割、インプット3割アウトプット7割、覚えることや理解に努めること1に対してその2倍問題を解く、あるいは実力に応じてそれ以上の実践・アウトプット・問題に取り組む、それを実行すれば、成績を上げることも合格することも簡単です。

 

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ