029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

国語

国語の読解が得意になる方法

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾 受験予備校常勝の塾長の吉村仁です。

国語の読解が得意になる方法が知りたいですか?

国語の読解が得意になる方法は、実はとても簡単です。

なぜ簡単かというと、国語の読解が得意になるためにやるべきことは、決まっているからです。

それは、「考えるな」ということです。

どういうことか?というと、

国語の読解が苦手な人というのは、ほとんどの場合、出題された文章を読んでいないのです。

・・・って、読まなければ解けないよね?

そうなのです。国語の読解が苦手な人というのは、問題文を、正確に読んでいない。だから、正確な答えを書くことができないのです。

その上、本文も読んでいないのです。意味が分からない言葉を意味が分からないままに目で追っていて、飛ばし読みしているような状態です。

だから、悩んでいるだけで、本当の意味で考えていない。

というよりも、「考える」のではなくて、問題文に対してオウム返しに応答すればいいのです。

なぜですか?・・・〇〇だから。

どういうことですか?・・・〇〇なこと。

そういう感じです。

勝手に考えないで、オウム返しに応答する。

その上で、本文から答えを「探す」。

答えになる文章がどこにあるのか、スキャンするような感じです。あるいは、答えの根拠になる文章がどこに書いてあるのか、考えるのではなくて、探すのです。

国語の問題というのは、あなた個人の考えを訊いているのではないのです。読解が苦手な人は、自分の頭で考えようとする。だからダメなのです。

自分の頭で考える必要なんか無いのです。

答えになる文章がどこにあるのか、スキャンすればいいのです。あ、ここにあった、そういう感じです。

もちろん、物語文の問題などは、たとえば自分がボールになったつもりで「どんな気持ちか?」などと想像することも必要です。

でも、それは気持ちに関係することだけであって、基本的には、勝手に考えてはいけないのです。

考えないで、探す。

選択問題だろうが、書き抜き問題だろうが、まとめ問題だろうが、やり方は同じです。

考えないで、探す。

コピーアンドペースト、みたいな感じです。

ドラッグして範囲指定して、コピーして貼り付ける、みたいな感じです。

 

更に上のレベルの勉強は、

なぜその答えが正解になるのかを、友だちに教えるつもりで言葉にせよ

ということです。

どういうことか?というと、

問題文にオウム返しに本文から的確な言葉や文章を探したら、囲ったり矢印で結んだりして、なぜその答えが正解になるのかを、友だちが納得してくれるように教えるのです。

それができれば、「あなたが」理解できていることになります。

そこまでやれば、バッチリですね。

 

 

 

 

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ