029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

サムライ昇龍 考え方 通常授業

勉強法を変えない限りテストの点数は変わらない

ひたちなか市の学習塾・進学塾・個別指導塾

受験予備校常勝の吉村仁です。

 

500点満点のテストで200点ぐらいの人は、

いつも200点ぐらい。

 

500点満点のテストで300点ぐらいの人は、

いつも300点ぐらい。

 

500点満点のテストで400点ぐらいの人は、

いつも400点ぐらい。

 

500点満点のテストで500点ぐらいの人は、

いつも500点ぐらい。

 

もちろん、テスト前に頑張ったから今回は良かった、

とか、

あまり勉強しなかったから今回は良くなかった、

という、波はあるでしょうが、

 

どういうわけだか、

いつも似たような点数になってしまう。

 

なぜでしょうか?

 

その答えは、

「そういう勉強を続けているから」

です。

 

どういうことか?というと、

 

頼みもしないのに、

こんなもんでいいや~♪

と、自分でブレーキを踏む。

 

その加減が、いつも同じような段階なのです。

 

その人にとって、

こんなもんだよな、という、

常識みたいな基準がある。

 

幼稚園、小学校、中学校と、

長年かけて培われた、

本人だけのアタリマエ。

 

それがそのままである限り、

教科が違っても、範囲が違っても、

いつも似たような結果になる。

 

ちょっと頑張ったからちょっと良くなった。

ちょっと手抜きしたからちょっと悪くなった。

・・・と、延々と繰り返してきたのです。

 

それをいわゆる「レベル」というわけですが、

 

本人にとってのアタリマエとか「こんなもん」とか
常識とかレベルとか、
それ自体を変えない限り、
結果はいつも変わらない。

 

ということは、

もし、本気で

点数・成績・偏差値といった結果を

変えたいと望むならば、

勉強法そのものを変えない限り、

望みが叶うことは無い、

ということですね。

 

たとえば500点満点のテストで400点ぐらいの人は、

勉強法そのものを変えない限り、

いつも400点ぐらい。

 

500点がとりたいのならば、

500点とれる勉強のやり方に変えなければ、

実現することはない。

 

ところで、あなたは、

どんな勉強法をしていますか?

 

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ