029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)
夏期講習 勢い

成績

勉強しない子に勉強させる方法

親が原因となり、子どもが勉強をしなくなってしまった、という代表的なケースは次の4つだそうです。

ケース1:勉強を強制する
「勉強しなさい!」に代表される強制言葉を連発している。
言えば言うほど子どもは勉強から意識が遠ざかる。

ケース2:親が勉強嫌い
親が勉強嫌いだと、無意識のうちに、
勉強が「できない」「面白くない」「仕方なしにやるもの」という
ネガティブワードを発しており、それが子どもに伝播している。

ケース3:子どもを過度に放任
親の行動が、子どもの良き手本となっていないケース。
子どもの勝手な夜遊びや無断外泊などはこのパターンの典型的な例。

ケース4:家庭内が無秩序
家庭内の物理的無秩序(乱雑)というよりは、
行動的無秩序がこれにあたる。
たとえば、ゲームやスマホなどの使用にあたって決まり事がない、
人に迷惑をかけない、人にむげな言動をとらない
などの一般常識的な約束事がない、
さらには子どもの自由気ままな言動に任せっきりにしている場合などは、
このパターンに入ります。

勉強しない子には「予想を裏切る」で対処せよ

より引用。

 

その対処法は

ケース1:勉強を強制する  「勉強しなさい」と絶対に言わない
ケース2:親が勉強嫌い  親が何かを学び、楽しさを語る
ケース3:子どもを過度に放任  子どもとコミュニケーションをたくさんとる
ケース4:家庭内が無秩序  行動規範を作る

詳しくは、本文を読んで下さい。

 

でも、現実的に、ご家庭内で実行するのは大変ですね。

だから、受験予備校常勝がお役に立てるのです。

でも、保護者にかわって塾で新しい影響力を行使するには、塾の滞在時間が長くなければなりません。時々来てすぐに帰る、という程度では、子どもは変わらないでしょうね。

できれば、可能な限り長時間、塾内にいてほしい。そうすれば、子どもは変わっていくでしょう。

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ