029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

スーパー先取り学習 小学

1日2時間の勉強で東大に現役合格できます

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾 受験予備校常勝の塾長の吉村です。

できるだけ幼少から勉強イコール情報処理を訓練していくことで、受験直前だからと急激に詰め込まなくても「楽に」勉強の達人になれ、1日2時間の勉強で東大に現役合格できるようになるのです。

どういうことか?というと、

できるだけ幼少から勉強をして「勉強は楽しい」という経験を積む結果、勉強ができるという成功体験を幼少から大量に積み重ねることができるので、学習能力自体がどんどん加速度的に向上していきます。

没頭力や忍耐力など、勉強ができるようになるための鍛錬に必要な基礎能力と習慣をつくれるのは、幼少時に限ると言っていいのです。

昔から、没頭力や忍耐力など、勉強ができるようになるための鍛錬に必要な基礎能力と習慣は、幼いうちに形成されると分かっていました。

小学校高学年になってからそれを身に着けようとしても、かなり難しいのです。なぜなら、子どもは怠惰で散漫な生活によって、十分に強力な「勉強ができない」経験を積み上げ、劣等感を強固なものにしてしまっていますから。

でも、できるだけ幼少から勉強をして「勉強は楽しい」という経験を積み上げてきた子どもは、昔ほど大変な思いをしなくても、有名国公立大学に合格できる程度の知識や能力を身に着けることは、たやすくなっているのです。

保護者の時代よりも、どんどん世の中に情報が増え続けているので、子どもにとっても必要な情報処理量が増え続けています。それに対応する訓練を幼少からやってきた子どもは、たかだか東大に合格する程度の知識を習得するために必要な時間を「昔よりも」短縮できるのです。

この20年以内の脳や心理学の研究成果でも、そのことは証明されています。

だから、昔のように長時間の苦学をしなくても、正しい方針であれば、1日2時間の勉強で東大に現役合格できる子どもにしてしまうことも十分に可能なのです。

保護者の時代には不可能に思えた有名国公立大学に合格できる程度の知識や能力を身に着けることは、現代の子どもにとっては、それほど難しいことではありません。

ですから、できるだけ低年齢から、お遊びでなく「勉強そのものを」始めましょう。

ナレッジワーカー、つまり頭脳労働者が大量に必要になる未来には、自分の頭で考えて自分の頭で答えを導き出すことができる「賢い」人が、最も必要なのです。

あなたのお子さまをエリートにすることが昔よりも簡単になっていることに、賢い保護者の方であれば気付いた方がいいですね。

小学2年生3年生4年生思考力教室

小学生は3学年以上先取り学習・スーパー先取り学習

 

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ