029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

未分類 未分類 未分類 考え方

最も尊敬する弁護士の先生の話

塾長はもう14年もひたちなか市で塾長をやっています。

その中で、まあ、経営者の端くれですから、弁護士の先生ともお付き合いがあります。

古くは、両親が離婚した時に、当時高校生だった塾長に対して、

水戸一高の先輩である天野等弁護士
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E9%87%8E%E7%AD%89

水戸一高の先輩である萩野谷興弁護士
http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=755
から、

「お前はせっかく水戸一高に入ったのだから、

父親が酒乱で家庭内暴力をふるうようなろくでなしでも、

自分の母親を助けるために父親を一度だけ殴っただけなのだから、

自分を恥じる必要はなく、

旦那から殴られ続けた母親のためにも、

学業を続けるべきだ。

中退なんか、してはいけない」

と諭され、

当時の水戸一高の担任だった杉田先生からも諭されて、

水戸一高中退を思いとどまった、

原体験に遡ります。

 

世の中には悪い人もいて、

月謝を払ってくれない人への督促とか、

塾長になってからも、

弁護士の先生には何度も助けていただきました。

 

塾長は水戸四中の卒業生なのですが、

当時の親友に高田知己という男がいて、

彼は中学時代はあまり勉強していませんでしたが、

なぜか気があって、

しょっちゅう遊びに行く親友でした。

その彼が、なんと、弁護士になったのです。

 

彼は水戸一高ではなかったため、

高校時代は一時的に疎遠になったのですが、

塾長が両親の離婚で水戸から土浦に引っ越したせいもあって、

高校時代は高田知己に会う機会がなかったのです。

 

ところが高田知己は、高校を卒業してからオートバイで自爆して、

意識不明で救急車で病院に搬送され、

一時は死んだものの、

奇跡的に意識を取り戻し、

今は長期入院中で地獄のリハビリ中の身であると、

後から知ったのです。

 

それを知った塾長は、

その病院に飛んでいきました。

高田知己の父親は学者のような仕事だったため、

彼のために茨城を離れて、

東京に彼はいました。

 

不屈の闘志でリハビリを続けた高田知己は上半身の自由を取り戻しましたが、

さすがの彼も、下半身の自由を取り戻すことができませんでした。

車いすの生活になってしまったのです。

 

でも彼は、向学心を捨ててはいませんでした。

すぐに勉強を再開し、

不自由な体なのに、

司法試験に挑戦すると言うのです。

 

塾長が毎日新聞社に就職が決まったことを、

高田知己の両親は我がことのように喜んでくれました。

私はそれが嬉しくて、

中学時代のように、

ずっと彼と親しくしました。

 

でも、塾長の母親が二度目の離婚をすることになり、

それと同時に私も養父から養子縁組を解消することになって、

また毎日新聞社も辞めることになって、

だんだん高田知己と疎遠になっていったのです。

 

ところが、親友の高田知己は、

半身不随であるにもかかわらず、

見事に大学を卒業し、

不屈の闘志で、

日本最難関の司法試験を突破し、

弁護士になっただけではなく、

優秀な弁護士を5人も雇う、

弁護士事務所の所長(社長)になったのです。

 

塾長は毎日新聞社を辞めた後、

縁があったひたちなか市で

小さな塾の塾長をやっていただけですが、

その間に、

親友の高田知己は、

土浦裁判所の前で、

大きな法律事務所を経営する、

弁護士かつ経営者になっていたのです。

 

半身不随の弁護士。

不屈の闘志で司法試験を突破した遅咲きの苦労人。

 

高田知己のお父様もお母様も素晴らしい人格者で、

尊敬できる人です、

 

人生の中では、

色々なトラブルがあります。

でも、、困り果てて弁護士を頼もうと思ったら、

ボッタクリの弁護士に鴨にされることもあると聞きます。

そういう世の中で、

高田知己弁護士は、

尋常ではない苦労を乗り越え、

障害者年金で生きていくには困らない身の上であるにも関わらず、

不屈の闘志で、

弁護士になった人です。

その無二の親友である高田知己を、

塾長は最も誇らしく思います。

 

最高レベルの苦労人である高田知己弁護士は、

最も信頼できる弁護士だと確信します。

 

もし、トラブルに巻き込まれることがあれば、

死と半身不随の恐怖を乗り越えた経験を持つ、

高田知己弁護士に依頼されることを、

お勧めします。

 

塾長は、

無二の親友であるというだけではなく、

子供の頃から裏表のない良い奴だった高田知己に、

法律的な案件は依頼しようと決めました。

 

高田知己法律事務所(茨城県土浦裁判所前)

http://www.takada-law.jp/

この写真の真ん中が本人、高田知己所長です。

高田弁護士
彼は、
塾長の、最も誇りに思える大親友です。

 

 

< >
受験予備校 常勝(常勝教育グループ吉村学院)
勝田教室:茨城県ひたちなか市東石川3-22-1 宮前ビル新館2F

TEL : 029-354-1241  (FAXは使っておりませんのでメールかフォームで) : 029-354-1241

Email : info@josyo.jp

よくある疑問・質問はこちらをご覧ください。

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ