029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

スーパー先取り学習 小学 東大

小学生の算数と国語が半端ないって!

受験予備校常勝の小学生の算数と国語が

半端ないって!

小学生で一番大事なのは国語ですが、漢字や熟語をどんどん覚えることが大切なのはもちろんですが、その上で読解力をつけるには、論理的な思考力が必要になります。

論理的な思考力は、算数の計算や文章問題や図形の問題に総合的に取り組むことで、着実に身に着けていくことができます。

算数はパズルみたいなものなので、正解できると嬉しくて楽しい。算数そのものが楽しいので、子どもは夢中で取り組みます。だから疲れ知らずでどんどん勉強したくなります。

その上で、国語の読解力もつけていく。理科や社会の話題で興味を引き出し、知識欲に火を点けて、いろいろな文章を深く深く読んでいくのです。

 

「本を100冊読まないでください」という記事を書いたことがありますが、浅く広く読書することは、弊害もあるのです。

厳選された良質な文章を、精読していくこと。できれば論理的な説明文を、論理的に読んでいく。それが、読解力をつける秘訣です。

物語や小説は、自分の考えと他人の考えを突き合わせて、いろいろな考え方があることを学び、その上で正解する訓練をしていく。漫然と読むだけでは、読解力はつきません。

 

国語力がなければ、算数の得点力にも限界が出てきます。論理的に考えるということは、言葉を使いこなすことが必要だからです。いや、算数だけでなく、理科や社会など他の教科にも強く影響するのです。

国語力がつくような算数の勉強をしていくこと。それが、特に小学校の内容を学んでいく段階では大切なことです。暗算や機械的な計算の訓練だけやってもダメなのです。

 

受験予備校常勝の算数は、学校の算数の2倍以上のスピードで進んでいきます。もちろん、個人差があるのですが、学習態度に問題がなければ、学校の1年分の内容を数か月で終わらせることは難しくありません。

そのためには、スーパー先取り学習の教材とノウハウ・指導が不可欠です。

 

半端ない算数・国語のお勉強をやって、将来、東大・京大・国公立大学医学部などへの進学を、小学生のうちに確実にしませんか。

 

小学生は3学年以上先取り学習・スーパー先取り学習

 

公文さんとスーパー先取り学習の、どこが違うのか?

 

先取り学習とスーパー先取り学習の違いは?

 

https://josyo.jp/%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E5%8D%92%E6%A5%AD%E6%99%82%E3%81%AB%E9%AB%98%E6%A0%A1%E5%8D%92%E6%A5%AD%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%AD%A6%E5%8A%9B%E3%81%8C%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6/

 

子どもは、勉強が嫌いだ!って、本当だろうか?

 

大手の塾のトップクラスなら大丈夫、って、本当だろうか?

 

小学生はお稽古事よりも勉強そのものを、1学年分3か月で1年で3学年分以上、先取りして先取り学習しよう

 

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ