029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

スーパー先取り学習 中学 国語 小学 考え方 通常授業 高校

国語の授業を大事にしよう

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾

受験予備校常勝の塾長の吉村です。

 

小学生は

日本語が、まともにできません。

 

日常会話の言葉も幼稚だし、

書き言葉は、ほぼ全くできません。

 

語彙、つまり単語を知らないし、

使いこなせません。

 

だから、

小学生の場合、

英語のおけいこ事をするよりも、

国語の勉強をしなければなりません。

 

漢字練習。

良い文章を精読すること。

 

くだらない文章を読んでも

百害あって一利なし、です。

 

良い文章の典型は、

教科書の文章です。

 

でも、分からない言葉があったり、

言っている意味がよく分からなかったりするので、

言葉・語彙・解釈を、

正確にしていかなければなりません。

 

だから、学校の授業では、

国語の授業が一番大事ですよ、

と、言い続けてきました。

 

まずは、

国語の先生が解説してくれていることを、

素直に学んで覚えていくのです。

 

それが基本です。

 

その上で、

学年が上がってきて、

語彙・言葉が増えてくれば、

解説文を読んでも、

自力で語彙・言葉・解釈を

増やしていけるようになります。

 

自立できるのです。

 

そうなれば、

算数・数学や理科・社会など、

他の教科・科目の勉強も、

自力でできるようになります。

 

 

日本語、つまり国語が、

一番、大切です。

 

すべての基礎です。

 

その基本は、

素直に、まじめに、新しい言葉を学ぶこと。

 

「考える」のは、

言葉を使って行われます。

 

言葉が少なければ、

考えること自体が、できません。

 

他人が言っていること、

書いてあることも、

正確に理解できません。

 

 

通信教育や映像や学習塾や個別指導塾などの悪影響なのでしょうか、

重箱の隅みたいな小手先のテクニックが

大げさに、はびこっている状況ですが、

そういうのは「邪道」と言うのです。

 

王道・正道は、

教科書のような良い文章を、

じっくりと精読すること。

 

また、漢字練習、つまり

新しい言葉・語彙を、

一つ一つ、積み上げていくこと。

 

 

国語が苦手なんですが、

どうすればいいですか?

という悩みは、かなり多くの人が持っているようですが、

 

そもそも、

お手軽に習得しよう、

と考えている時点で、

アウトなのです。

 

もちろん、読解のテクニックというのは、

存在します。

 

でも、そんなものは、

重箱の隅、程度のものです。

 

ど真ん中にあるべきものは、

漢字・語彙・解釈、そして、

積み上げられた、精読のスキルです。

 

正確に、意味を学べること。

 

そのためには、

論理構成力が、どうしても必要です。

 

算数に近い能力です。

 

だから、

算数ができるようになると、

読解力も、向上します。

 

誰でもできる簡単な計算ができる、

そんな低レベルなことでは、ありません。

 

たとえば、文章題を読んで

自分で線分図が描ける。

 

それは、計算能力では ありません。

 

読解力そのものであり、

要約力です。

 

つまり、国語力です。

 

図形的な能力も

読解力を向上させます。

 

 

算数ができると、

国語もできるようになる。

 

国語ができると、

算数もできるようになる。

 

特に小学生や中学生の段階では、

算数・数学と国語は、

セットだと言ってもいいでしょう。

 

受験英語は、

そのうえで、成り立ちます。

 

お遊びのキッズイングリッシュなんか、

時間の無駄・お金の無駄です。

 

子供だましのキッズイングリッシュは、

やめましょう。

 

あまり意味がない、

という意味では、

そろばんも、似ています。

 

少しは良いのですが、

ほどほどで、やめましょう。

 

そろばんをやりすぎると、

受験に向かない脳になってしまいます。

 

 

あらゆる点から見て、

学校の国語の授業は、

一番、大事です。

 

特に小学校と中学校では、

いや、本当は高校もそうなのですが、

要するに 学校の国語の授業を、

大事にしましょう。

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ