029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

考え方

囚われの人?

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾 受験予備校常勝の塾長の吉村です。

都内の有名私立に通っている小学生・中学生・高校生は、ほぼ全員か?というほどの比率で、塾に通っているのだそうだ。

学校は交友関係を楽しむ所で、自分のための勉強は塾でやるものだ、というのが常識になっているらしい。

そして、自宅はくつろぎの場所なんだろうか。

もちろん、全員がそうだというわけではないが、ゆとり教育以降、そういうことになってしまっているらしい。

基本は総合的な塾で、たとえば国語だけ別の塾とか、ダブルトリプルスクールも珍しくないのだという。

だから、中学受験は中学受験専門塾で、高校受験は高校受験専門塾で、大学受験は大学受験専門塾で、就職試験は就職試験専門塾で、なんでもかんでも塾頼みになっているというのだ。

恋愛は恋愛塾で、バーベキューはバーベキュー塾で、という具合に、塾塾塾になっているという。

コンビニ感覚というのだろうか。

なんでも気軽に金で買う、というのは、程度の問題だと思う。

問題は、主体がどこにあるのか?だと思う。

主体が自分にあるのか、相手にあるのか。

主体が自分になければ、それは賢い行動ではなく、愚かな行動になってしまうと思う。

囚われ人に、自分から喜んでなっているわけだ。

金で賢く「利用」しているつもりで、実は、あべこべに誰かに「利用」されてしまっている。

主体性を放棄すると、ずっとそれを継続する。

奴隷になってしまうわけだ。

憲法上、奴隷にされてしまうことは無いわけだが、自分から奴隷的な状況に進んでなろうとする。

それは、ちょっと考えなければならないことだと思う。

自分で探す、自分で答えを導き出す、自分でまとめる、自分で試行錯誤する、自分で痛い目に遭う、そういう、無駄みたいに見えることをどれだけやるか?で、逞しさは決まってくると思う。

無駄を肯定する。

回り道を是とする。

失敗を成功の糧とする。

痛い目に遭って立ち上がる。

そういうことは、自分が主体でなければできないだろう。

要は、程度の問題だ。

主体は自分にあって、コーチを雇うのが、ベターな選択だろう。

だから、いわゆるひ弱な塾を、否定する。

逞しくなってほしい。

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ