029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

東大 高校入試

合格するのが当たり前

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾 受験予備校常勝の塾長の吉村仁です。

私の6学年上の姉は障害児専門の保母の仕事をずっとやってきました。

だから、生まれつき障害を持った人の存在が、子どもの頃から身近でした。

バザーなどで施設に行ったこともあったからです。

精神薄弱者という、脳の障害者もいました。

肉体は大人なのに、精神年齢は幼児なのです。

でも、そういう人は、障碍者なので施設にいる。

ということは、普通の学校には普通の人しかいない。

ということは、普通の学校にいる子どもは、脳の機能自体には、それほど差が無い。

じゃあ、なぜテストの点数や成績に大差がつくのか?というと、それは環境の違いです。

あなたはバカだと言われ続ければ、バカになる。

あなたは優秀だと言われ続ければ、優秀になる。

いや、他人に言われただけでは、実際には、なりません。

自分が、そう信じなければ、実現はしないのです。

確信していれば、普通の脳の人であれば、バカにも秀才にもなれる。

合格するのが当たり前だと信じていれば、合格するのが当たり前の結果になる。

生物学・医学的な脳は、不合格者も合格者も同じなのです。

じゃあ、その信じ込みは、どこから来るのか?というと、信念の違いです。

現在の状態がどうであれ、自分に対する信念が強力ならば、合格するのが当たり前。

難しいのは、自分のことを信じ切ること、なのです。

 

 

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ