029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

サムライ昇龍 スーパー先取り学習 中学生 小学 考え方

保護者の方から、ご質問をいただきました

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾 受験予備校常勝の塾長の吉村です。

保護者の方から、ご質問をいただきましたので、
お答えしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お世話になっております。

一般的に塾・予備校の講師は文字が乱雑な人が多く、
自分が持ち方が滅茶苦茶で文字も汚いのですから、
自分ができていないことを子どもに指導できるはずもなく、
文字が乱雑であることを軽視する傾向にあります。

私のように筆記具の持ち方から文字の形、文章に至るまで
徹底的にバツにならないよう指導している人は、
ほとんどいないのではないかと思います。

私は中学校と高校の教員免許を取得しましたので、
塾などの教育産業の「そういうところ」が嫌いで、
筆記具の持ち方から文字の形、文章にこだわる、
といった点は、
学校の先生の方が遥かに良い指導をなさっていると思います。

ただ、学校の先生方は報告書の作成など雑務?が忙しいこともあって、
徹底的な指導ができない、
というのは仕方が無いでしょう。

私は、塾の欠点も学校の欠点も考慮した上で、日々
可能な限りお子さまのチェックをしているようにしておりますが、
見落としもあります。

というよりも、
私も不完全な人間ですので、
いくら完璧な指導をしようとしていても、
見落としなどがあることはむしろ当然で、

いつまでも私の支配下にいるのではなくて、
私から指摘される前に「本人が」重要さに気付いて
「自分から」積極的にバツをつけて訂正できるように
日々指導させていただいております。

なぜかというと、
それこそがトップレベルか中途半端なレベルかの決定的な違いであり、

目先の完璧さを追い求めると、
逆効果の結果となります。

成績や点数や合格でさえも「プロセス」であって、
子どもに勉強させることは、
親の虚栄心を満たすことではなくて、
そもそもの目的は「子どもに自立させること」です。

 

積極的に自分で自分にバツをつけて、
正直に私にそれを見せてくれるようになれば、
高得点になるのが当然になります。

本人に向上心がある限り、
向上し続けるからです。

ですが、幼いと、なかなか難しいでしょう。

目先の完璧さを追い求めると、
目先の100点ポーズばかりするようになります。

それは、危険信号です。

小学校高学年から中学生は、
反抗期の時期に相当します。

巣立ち、つまり親の支配から離れようとするのが自然です。

あまりに完璧主義に親のチェックなどが入りすぎると、
逆効果だと思います。

勉強そのものの出来も大事ですが、
勉強が嫌いになったり勉強や親を憎んだりすることが、
最も避けなければならないことです。

ですから、
塾によってはおどけたり冗談を連発するなどして気を引こうとするのですが、
私はそういう子ども騙しの路線はやっておりません。

日々、可能な限り厳しく指導させていただいております。

保護者の方にすれば、
数年前までオムツをしていた我が子ですから、
子どもはまだ幼いので面倒を見てあげなければいけない
という思いが強いのは仕方が無いですが、

当塾を信頼してくださるのであれば、
親が完璧主義すぎるのは良くないと思います。

日々の指導でも、
「私も完璧どころか間違えるし忘れる不完全な人間なので、
子どもが忘れたり間違えたりすること自体は当たり前で、
だからこそ、自分で自分を修正し続ける習慣をつけて、
自分で自分を【疑う】クセをつけなさい」
と、言い続けております。

自分で自分にツッコミを入れなさい、と。

完璧主義でも、
成績を上げたり受験に合格することは可能ですが、
私はそういうのを「強迫観念」と呼んでおり、

一見、成果が出たように見えたとしても、
不幸になるだけだ、
と子どもたちにも言っています。

「強迫観念」で勉強してはダメです。

親が追い込むと、
子どもは衣食住を支配されているので、
「強迫観念」で100点をとるようになりまず。

すると、たとえば中学受験・一流高校・一流大学に合格しても、
そこで「終わって」しまいます。

不合格になっても不幸になり、
合格になっても行き詰まってしまうのです。

そして一生、トラウマとか劣等感を持ち続けて生きていくことになります。

ですから、子どもの指導には、
「強迫観念」を植え付けないことが最も大事だと考えております。

今はコロナウイルスの状況でもありますので、
私も含めた大人も皆ナーバスになっていますが、
不安は伝染します。

お子様は順調に勉強しておりますので、
あまり心配なさらずに、

管理するのではなくて、

信頼してあげて、
不安を取り除いてあげてください。

私は子どもに

「毎日のようにテレビなどでコロナコロナと騒いでいるが、
子どもが何百回悩んでも答えなんか出せないから、
悩むのは時間の無駄だ。

健康や将来を心配するのは保護者の仕事だから親を信頼して、
手洗いやマスクなど自分の身を守るために必要なことは素直にやって、
その上で

子どもが考えるべきこととやるべきことは
【今こそ自分の商品価値を高めるための勉強に集中することだ】」

と、言い続けております。

 

INTERNET授業|サテライト教室|遠隔|インターネット教室

お問い合わせ

よくある疑問

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ