029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

スーパー先取り学習 テスト 中学 大学受験 小学 数学 考え方 通常授業

中学校は義務教育の最終学校ですが、高校は義務教育ではないですよね

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾

受験予備校常勝の塾長の吉村仁です。

 

中学校は義務教育の最終学校です。

が、高校は義務教育ではないですよね。

 

それはどういうことなのか?

というと、

 

義務教育というのは、

人口が100人しかいなくて、

生徒数が3人しかいない中学校でも

同じ内容をやっているのですね。

 

ということは、

そんなにハイレベルな内容を、

やるはずが、無いのです。

 

文字通り、義務のレベルなのですから、

「応用問題」といっても、

義務の範囲、つまり

簡単な内容に含まれるわけですね。

 

で、日本人ならば全員できなければならない内容を、

叩き込まれる。

 

ゆとり教育以降の学校は、

「叩き込む」という要素が少なくなりましたが、

それでも、

日本人ならば全員できなければならない内容だ、

という本質は、変わりません。

 

その内容を、

テストまでに勉強しておく、

という、締め切り厳守になっている。

 

時間を守るんですよ、

締切も守るんですよ、

締め切りまでにマスターしておかなければなりませんよ、

と、訓練されるわけです。

 

つまり、

義務教育の最終段階というのは、

少なくとも、

コンビニのアルバイトぐらいはできる程度の

社会人として最低レベルの行動パターンを

習得するためにあるんですね。

 

テストには制限時間があり、

その制限時間内に、どれだけのパフォーマンスができるのか?

を、試される。

 

テスト勉強も、

当日までに勉強を「間に合わせる」という

基礎的な訓練になっている。

 

でも、その内容は、

頑張れば「誰でも」習得できる内容に限られる。

 

それが、

義務教育の最終学校である

中学校で学ぶことなのですね。

 

 

一方、

高校は義務ではないので、

ある高校では中学校の復習ばかりやっていて、

ある学校では大学受験の予備校みたいな難しい勉強ばかりやっていて、

要するに、

「高校」といっても、

やっている内容は、

ピンからキリまで、

ものすごく幅広いのです。

 

「誰でもできる内容」

というのは中学校までで、

高校では、

「ほぼ誰もできない内容」も

高校によっては、扱っているわけです。

 

なぜかというと、

学者や研究者になるような人は、

学者や研究者になることができる頭脳を

要求されるから。

 

できない人には絶対にできない内容が、

高校には、あるのですね。

 

 

そういう、劇的な変化が、

どうも、見過ごされているように思います。

 

最近はほとんど全員が高校に進学する、

といっても、

「誰でもできるはずの」中学校の内容と

「ほぼ誰もできない難しい内容も含んだ」高校の内容とは、

真逆と言っていいくらいに、

違うのですね。

 

簡単に言えば、

中学校の内容は、

3回も練習すれば、覚えられるし問題も解ける、

という程度なのですが、

「ほぼ誰もできない難しい内容も含んだ」高校の内容は、

30回ぐらいは練習しないと覚えられないし、

正解もできない、

10倍もの労力が必要な程、

大変なのです。

 

ということは、

3回レベルができたからといって、

30回レベルもできる、とは、限らない、

というよりも、

できない可能性の方が高い、

ということ ですね。

 

そもそもの、

目的が、違うのです。

 

 

そこが分かれば、

高校受験が終わったから、

勉強は終了だ、

ということが、いかにナンセンスか、

バカげているか、

すぐに分かります。

 

高校受験が終わったから、

すぐに数倍、さらに頑張るぞ、

というのでなければ、

大学受験には勝てません。

 

 

と、いうことで、

それならば、

そもそも、小学生のうちから

大学受験を想定して、

一貫した勉強を、続けていくべきではないか?

と、思い当たります。

 

小学校、中学校、高校の

一貫教育、ということですね。

 

だから、

スーパー先取り学習

を、始めました。

 

アルバイトができる程度の「最低レベルの」高校受験の世界

つまり、義務教育の最終学校である中学校の内容だけでは、

お話にならないのです。

 

小学生から、

大学受験を想定して、

どんどん、上の学年の内容を進めていく。

 

中学受験に特有の勉強なんか、

する必要がないのです。

 

ただ、2学年上の内容、

3学年上の内容を、

どんどん進めていけばいい。

 

それが、

スーパー先取り学習

です。

 

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ