029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

スーパー先取り学習 小学

中学受験の弊害・デメリットは知っておいたほうがいいですね

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾 受験予備校常勝の塾長の吉村です。

 

小学生というのは体が小さいですから、また知っていることも少なすぎて自信もありませんから、衣食住を親に支配されているということがあって、保護者に抵抗できないというのが本当のところなんですね。

 

小学生の子供は素直だと言いますけれども、素直なように振る舞うしかないというのが、本当の事なんですね。

 

要するに親に支配されているだけ ということですね。

 

小学校高学年から中学生ぐらいの年齢になると、第二次性徴の時期を迎えるわけで、そうなると体が急激に大人のようになっていって、部活なども含めて、学校で教えられることも急激に大人っぽくなっていくわけですね。

 

要するに中学生になると急激に体も頭も大人っぽくなっていく。

 

すると、子供は急に自信を持つようになりますから、親に反抗するようになっていくわけですね。

 

元々小学生のうちも、中学生のように親に反抗したいわけですが、親の支配力が強すぎて屈服するしかないというのが、本当のことなのですね。

 

小学生の屈服した状況を、「小学生のうちは素直だ」と表現するわけですね。

 

その素直な小学生のうちに、親が先回りして子供のコースを決めてしまう、というのが中学受験の考え方なのですね。

 

するとどうなるかと言うと、親子関係がうまくいっていればいいのですが、子供は我慢して親に一方的に従っている状況の場合は、その我慢が限界に達して、中学生になると爆発するわけですね。

 

体も頭も自信を持つわけですから。

 

うちは中学受験を推奨していませんので、どこかの塾で勉強して中学受験に失敗した中学生が、中学生になってからうちの塾に来て、自信を喪失していたり、勉強にやる気がなくなっていたり、あるいは変な勉強のやり方をやっていたり、色々な子供を見てきましたけれども、

中学受験というのは親のエゴが大きかったりして、弊害が結構あるんですね。

 

そもそも、親の言うことを聞いている素直な小学生のうちに、反抗期になる中学生になる前の段階で、あらかじめ子供の路線を決めつけてしまう、という要素が中学受験にはありますから、

親子関係がうまくいっていればいいですけれども、うまくいっていない場合には、普通の公立中学校に行っていた方がよっぽど良かったということが結構あるんです。

 

中学受験のための受験勉強自体も、学習指導要領つまり国が決めたスタンダードの勉強内容に沿っているような勉強ならば弊害も少ないですけれども、一般的に中学受験の問題というのは、小学校の教科書の内容を無視しているわけですね。

 

そうすると、特殊な勉強をたくさんしなくてはいけないということになるわけで、子供にとってはものすごく負担になって、全く理解できないんだけれども「やり方だけ暗記」するとか、そういうことにもなっていくわけですね。

 

高い学力をつけようと頑張ることそのものは素晴らしい事なのですが、表面的に素直な小学生だからということで、大人達が圧力をかけて、わけのわからないことを泣きながら覚えさせられるとか、そういうことにもなるわけですね。

 

ですから、中学受験のための特殊な受験勉強をすることをおすすめしません。

 

ただし、能力が高い人にとっては、義務教育レベルの小学校の勉強内容というのは、少なすぎるんですね。

 

小学校で勉強する時間そのものも短すぎるし、習得する勉強の内容も少なすぎる。

 

将来頭を使って生きて行こうとするのであれば、小学校のうちに基礎学力は形成されるわけで、時間的に暇だし体力的にも能力的にも余裕がある、小学生のうちにこそ、可能な限りの勉強をしておく。

 

中学校に入って中学生になると部活や行事などでむやみやたらに忙しく、勉強を楽しみながらやっていくというような余裕がだんだん無くなっていきますので、

基礎学力が形成される小学生のうちに、子供の能力に応じて、例えば中学校や高校の内容までどんどん勉強を進めていくことをお勧めします。

 

中学受験でしか使わないような、中学受験を突破するためだけの知識というのは、あまり意味がないように思います。

 

中学受験の時にしか役に立たない勉強ではなくて、中学校や高校や大学でも役に立つような、スタンダードの勉強が柱としてあって、その上で個人的に興味を持つことの研究を進めていく、という方針が、最も正しいのではないかと思います。

 

小学生のうちに学力的に余裕をつけてしまえば、中学生になってからもう余裕ができるわけで、そのためには

半年や一年程度の先取り学習をしても、あまり意味があるとは思えません。

 

時間的体力的にも余裕があるからこそ、3年でも5年でも、とにかく可能な限りの先取り学習を進めていく。

 

言ってみれば、「天才を作っていく」わけです。

 

そのために、特殊な内容というのは、必要がないと思います。

 

普通の勉強内容なんだけれども、それを3学年先取りとか4学年先取りとか、「普通でないように」やっていく。

 

それがスーパー先取り学習なのです。

小学生は3学年以上先取り学習・スーパー先取り学習

 

 

 

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ