029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

考え方

三宅島

小学生の頃、

南の島に憧れて、

親に連れられて、

三宅島に行ったことがある。

 

当時でも飛行機は飛んでいたが、

今のように安くなかったので、

東京竹芝桟橋から、

船で行った。

 

ふりーじあ丸

すとれりちあ丸

そんな名前だった気がする。

 

その後、

三宅島は噴火したので、

当時宿泊した民宿があった阿古地区は

相当な被害を受けたようだったが、

復興したのだろうか。

 

あれ以来行っていないので、

分からない。

 

 

夏休みなので、

そんな遠い昔の思い出を、

思い出した。

 

 

金がなかったから、

という理由だったが、

船旅というのは、

風情があって いい。

 

岸壁を離れる感じは、

なんともいえず、

感動的だった。

 

1000年前でも変わらない、

人間の五感に訴える、

そういうものが

船にはあるのだと思う。

 

地図で見れば

たかだか三宅島なのだが、

当時の自分にとっては、

感動的だった。

 

海が青い。

 

魚はカラフル。

 

スキューバダイビングの人がいる。

 

島には明日葉。

 

ハイビスカスが庭に咲いている。

 

まさに、異国だった。

 

その時の記憶が鮮烈だったせいか、

船は、

今でも大好きだ。

 

 

その後、

八丈島にも行ったが、

こちらは飛行機だったので、

感動が小さかった。

 

八丈島は天気が悪かったせいもある。

 

やはり、

船の旅には味がある。

 

 

船といえば、

昔、大洗港から、

イルカウォッチングのための高速遊覧船に

乗ったことがある。

 

残念ながらイルカを見ることはできなかったが、

そのかわりに、

トビウオと競走することができた。

 

意外なほど、

遠くまで飛んだのだ。

 

それから、

静岡県の沼津から伊豆稲取までの

高速船にも乗ったことがある。

 

こちらは今でも運航していると思うが、

伊豆半島西海岸の絶壁が

見事だった。

 

記憶は連鎖している。

 

宮城県の金華山でも、

高速船に乗った。

 

船というと、

福島県の檜原湖のモーターボートと遊覧船

栃木県の中禅寺湖の遊覧船

河口湖の遊覧船

青森と北海道の青函連絡船

には、

乗ったことがある。

 

でもまだまだ、

素晴らしい船旅は、

たくさんあるのだろう。

 

 

テレビで見ると、

ノルウェーのフィヨルド観光船は、

乗ってみたいと思う。

 

海外なら、

オーストラリアか

ニュージーランドも良さそうだ。

 

国内なら、

沖縄もいいな。

 

 

受験予備校常勝の塾長になってから、

そういう旅が

ほとんど できなくなってしまった。

 

金も時間も無いから。

 

でも船旅は、いい。

 

 

何がいいのかというと、

効率だけではなくて、

別世界の、

道中そのものを、

波に揺られながら、

風に吹かれながら、

のんびり進む、

という、

人間らしさ

原始的な感じ

なんだろうと思う。

 

 

豪華客船も乗ってみたいが、

 

どちらかといえば、

小さな船でいいから、

環境に埋没して、

道中そのものを楽しみたい、

という気がする。

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ