029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)
夏期講習 勢い

夏期講習

ロックインジャパンフェスティバルが国営ひたち海浜公園で2日目ですが

ロックインジャパンフェスティバルが国営ひたち海浜公園で2日目のためか、今日は、夏期講習の10時間特訓の日なので朝から出勤すると、国道6号もひたちなか市内も他県ナンバーの車がたくさん走っています。いつもならば日曜の朝というのは静かなものですが、毎年のことながら、ロックフェスの日は他県からロックファンが押し寄せて、ひたちなか市内は一気に人口が増えます。

ひたち海浜公園はネモフィラでも有名ですが、私は一度しか公園に入ったことがありません。いや、正確には、ひたち海浜公園ができる前の射爆場跡地で米軍の占領時代の遺跡だった時代に、一度潜入したことがありますから、それもカウントすれば2回、ですが。ネモフィラもロックフェスも、当然ですが実際に見たことはありません。

毎年ロックフェスの土曜日は休校なので行こうと思えば行けるのですが、ロックファンではないし、行きたいと思ったことがないのです。また、ロックフェスの日曜日は夏期講習の10時間特訓の日なので、行きたいと思ったとしても行けるわけがありません。

プライマルスクリームとか、ロックでも良いと思ったアーチストは過去にいましたが、ロックフェスに行く理由になりません。どちらかといえば、ジェームズブラウンなどファンクとかブラックコンテンポラリーなどに、中学生などの学生時代には惹かれました。大人になってからは、上妻宏光などの津軽三味線に惹かれ、上妻宏光やはなわちえなどのコンサートに行ったり、CDを買ったりしました。今でも津軽三味線はドライブ中に聴いたりします。

ということで、ロックのルーツということで、私よりも上の世代で流行ったエルビスプレスリーの曲はいいなあ、と最近は思いますが、基本的にはロックファンではありません。

それよりも、ロックンロールというのは、音楽と言うよりも挑戦的な人生そのものなんじゃないか?と思います。アグレッシブでインデペンデントな精神というのは、音楽に限らず、むしろ生き方なんじゃないかと。

だとしたら、競争倍率100倍か?という日本三大新聞社の就職試験にコネ無しで実力で勝ったのに、そのまま会社にしがみつけば家の2軒ぐらい建てられただろうに、それを捨てて更に挑戦を続けようとチャレンジした私は、ロックンロールじゃないか?と思います。モーターパラグライダーで上空100m以上を飛びまくった時期も、それをすっぱり辞めたのも、ロックンロールじゃないか?と思います。

ロックンロールの精神が、今の受験予備校常勝の塾長としても仕事にも、しみ込んでいると思います。言動や、指導そのものに、その根底にロックンロールの精神があるんですよ。

さて、今日も朝から受験生のために10時間特訓です。

勉強も、ロックンロールです。

いや、受験勉強こそ、最高のロックンロールです。

 

 

 

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ