029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

考え方

マルチタスク

ひたちなか市の進学塾・学習塾

受験予備校常勝の塾長の吉村です。

 

 

塾長は

インターネットができる前から、

つまり、

パソコン通信の時代から

パソコンをやってきた。

 

だから、

キャリアだけは長い。

 

プロになる考えはなかったので、

プロになるための勉強はしなかったが、

ユーザーとしては、

かなり長い年月やってきた。

 

で、

パソコンがマッキントッシュとウィンドウズになってから、

マルチタスク

という考え方が、

一般化したように思う。

 

マルチタスクとは、

同時進行で、

複数の業務を進行すること、

だと思う。

 

で、

人間には、

そういう能力が元々あって、

MSDOSの時代には、

それができなかったのだが、

マックとウィンドウズになってから、

それができるようになり、

感動した覚えがある。

 

パソコンの性能が昔は悪かったので、

一つのコマンドを遂行するにも

ずーーっと画面が変わるのを辛抱強く待っていた、

そんな時代だったが、

 

パソコンの性能が良くなり、

劇的に安くなったので貧乏人の私にも

そこそこのマシンが買えるようになり、

どんどん、

マルチタスクの恩恵を受けるようになった。

 

この文章を書いている今も、

複数のソフトが立ち上げてあり、

ネット上でも複数の画面が開いたままになっていて、

パソコンそのものも、

私の動きとは別に、

水面下で動き回っている。

 

同時進行。

 

パソコンも素晴らしいが、

人間が本来持っている、

マルチタスクの能力そのものも、

素晴らしいと思う。

 

 

というわけで、

このブログは受験予備校常勝のブログなので、

勉強に関連付ければ、

 

マルチタスクは素晴らしい!

・・・と、

絶賛したくなるようだが、

実は、そうではない。

 

マルチタスクで勉強したんじゃ

だめですよ。

ということだ。

 

 

・・・んん?

マルチタスクは、良いの?

悪いの?

・・・と、

疑問になるようだが、

別に矛盾するわけではない。

 

マルチタスクそのものは、

間違いなく素晴らしいが、

受験に成功したいとか、

本気で成績を上げたいとか、

そういう場合には、

マルチタスクはむしろ害になる

という、ことだ。

 

なぜかというと、

本気の勝負、

たとえば戦争のことを考えると、

同時進行がいかに難しいか、

分かるというものだ。

 

特に、

圧倒的な強者である場合はまだいいが、

通常、そんな人はほとんどいないのが現実で、

 

普通は、弱者、

つまり、凡人というか、

限られた能力や時間や体力や、

その他もろもろの限定の中で、

いかにして戦うか、

という 問題になるわけだ。

 

限られたリソースで最大限のパフォーマンスをするには

どうすればいいのか?

という命題なわけで、

 

そうすると、

マルチタスクっぽく、

あれもこれもとやっていると、

まあ、うまくいかない、

ということだ。

 

本来持っている

マルチタスク的な能力を、

虫眼鏡で太陽光線を集めるみたいに、

一点に集中させる。

すると、

燃え上がるわけだ。

 

マルチタスクを封じ込めるからこそ、

パワーが最大化する、

ということだと思う。

 

まあ、

一種の超能力に近い状態にまで

なるのだ。

 

すると、

水滴が岩を穿つように、

弱い力でも、

強い相手を突破する。

 

これは、

真剣勝負では、

当然のことだと思う。

 

 

それなのに、

学校の先生というのは、

文武両道

みたいなことを平気で言う。

 

・・・・あのね、

あなた、天才なの?

俺は能力がそんなに高くないから、

あれもこれもを止めて、

一点に集中しないと、

うまくいかないんだよね。

・・・と、思ったものだ。

 

文武両道?

そんなキレイゴトを言っていたければ、

言ってて下さい。

不器用な俺には、

そんな芸当は無理だ。

 

全身全霊で、

一点集中。

 

それが正しいと思うよ。

 

・・・なーーんて、

生意気な俺は、

学生の当時、

そう思ったものだ。

 

まあ、

学生などというものは、

数年前までオシメをあてっていたのに

急に難しい学問をするようになったものだから、

生意気なのが普通で、

特に、なまじっか、

勉強ができると、

特に 生意気な考えになりがちだ。

 

いや、

勉強が足りない場合、

身の程知らずに

余計に生意気で、

勉強を積み上げている場合は、

相対的には、

案外、謙虚だったりするものだ。

 

自信があるから卑屈ではないが、

そんなに不遜ではない、

という気がする。

 

それはともかく、

 

文武両道?

不器用な俺には、

そんな芸当は無理だ。

全身全霊で、

一点集中。

それが正解でしょう。

 

・・・と、思ったら、

どうやら、

俺のほうが正しかったらしい。

なぜならば、

文武両道みたいなキレイゴトを否定して

信念でやっていたら、

学年一位にまでなれたから。

 

まあ、そんなものでしょう。

 

だから塾長をやっている

今でも生徒に言う。

 

片っ端から

疑った方がいいよ。

で、

中学生の頭でも、

あ、これは本当の気がする、

と感じたことは、

後になってみれば、

案外 正しいよ。

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ