029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

国語 小学 東大 考え方

やはり国語力が大事です

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾・進学塾

受験予備校常勝の塾長の吉村です。

 

勉強は、

日本語を通して行います。

 

ということは、

日本語が弱ければ、

勉強全体が弱い、

ということです。

 

勉強ができるようになりたければ、

まずは、国語力をつけなければなりません。

 

じゃあ、国語力はどうすればつくのか?

というと、

語彙力と

論理構成力をつければ、

国語読解は、

できるようになります。

 

語彙力とは、

意味が分かる言葉の数が多いということで、

色々な言葉と意味を知っている、

ということですね。

 

小学生の漢字練習は、

語彙力をつける勉強そのもの、

ですね。

 

分からない言葉が出てきたら

教科書や辞書で調べる、

という癖がつくといいですね。

 

中学生も高校生も

漢字などの言葉を覚える=漢字練習は

続けなければなりません。

 

 

また、

言葉の意味だけ覚えても、

使えません.

 

言葉を含んだ例文を覚える、

つまり「型」を覚えると、

使えるようになります。

 

使われるシチュエーションやイメージと

セットで覚えるといいですね。

 

 

さらに、

新しい言葉をどんどん増やすためには、

文章を読み解く力、つまり

論理構成力がなければなりません。

 

それは、

算数の勉強で強くなりますが、

言葉を駆使しても、

強くなることができます。

 

「駆使」って何か?

といえば、

文字を目で追うのではなくて、

「精読」する のですね。

 

徹底的に読み込む。

 

読んで考える。

 

すると、

新しい考え方も、

知ることになります。

 

論理の「型」を覚えていくのですね。

 

その前提として、

分からない言葉を辞書を調べる、

ということも覚えます。

 

 

結局のところ、

覚えていなければ、

国語力は つかない、

ということですね。

 

類義語・対義語

つなぎ言葉

小学校時代に

そういう読み方の基礎が作られれば、

算数や社会や理科など他の教科の勉強の時に

解説や問題文を正確に読めるので、

どの教科もできるようになる

ということですね。

 

反対に、

勉強ができない人というのは、

言葉の数が足りなくて、

文章が正確に読めないのです。

 

テキトーに勘でやろうとする。

 

「勘」と言えば聞こえはいいですが、

要するに、テキトーということですね。

 

厳密性が無い。

 

そうではなくて、

たとえて言うならば、

算数・数学のように

文章を一字一句、正確に読む。

 

小学生の時に大切なのは、

そろばんとか英会話などの「おけいこ事」では無くて、

国語の勉強「そのもの」だと思います。

 

日本語ができないのに、

英語ですか?

 

・・・うちの子

日本語は喋ってますよ、

と反論されそうですが、

残念ながら、

日常会話の日本語ができても、

読解ができるとは限らないのです。

 

いや、日常的にテキトーな日本語ばかり使っていれば、

国語の問題は、

全然、正解できないしょう。

 

日常会話とは別に、

日本語の文章を「正確に」読む

練習をする。

 

できれば小学生のうちに、

そういう訓練をしておくべきです。

 

 

東大に行くような子どもは

例外なしに、

先取り学習をしている。

 

なぜ、先取り学習ができるのか?

というと、

文章が正確に読めるからです。

 

説明文や問題文を正確に読める。

 

だから、先取り学習ができるのです。

 

教えてくれる人がいなくても、

一人で、どんどん、先取り学習ができる。

 

だから、

東大なのです。

 

 

誰かに教えてもらうことが前提だ、

というのは、

勉強ができなくなる考え方・習慣です。

自分で調べる、

自分で考える、

自分で覚える、

自分で試行錯誤する、

そういう、勉強で一番大事なことを、

小学生のうちに、

習慣付ける。

小学生が習得するべき

最も重要なことは、

誰かに教えてもらえばいいや、

と、自分で考えないことを習慣にすることではなく

プリントの穴埋めをやることが勉強である、

というような「なんちゃって勉強」でもなくて、

自分で調べる、

自分で考える、

自分で覚える、

自分で試行錯誤する、

という、

自立的な勉強のやり方そのもの、

だと思います。

 

 

悲しいことに

小学生の時に そういう勉強のやり方を

してこなかった人は、

中学生でも高校生でも、

今からでも、

日本語の勉強のやり方を、

必死に学んで下さい。

 

そうでなければ、

勉強そのものができるようにならない「だけではなく」、

自分で学ばない・自ら向上しない習慣になっているので、

将来、

他人に支配される「だけ」の

大人になってしまいますよ。

 

 

日本語が母国語である限り、

日本語の勉強こそが、

勉強のみならず、

あなたの将来を決定する、

というほど、

国語は、大事なのです。

 

 

 

https://josyo.jp/%E5%8F%97%E9%A8%93%E4%BA%88%E5%82%99%E6%A0%A1%E5%B8%B8%E5%8B%9D%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E9%A3%9B%E3%81%B3%E7%B4%9A/

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ