029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

テスト 中学 小学 成績 考え方 通常授業

ひたちなか市の高校受験対策

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾

受験予備校常勝の塾長の吉村仁です。

 

ひたちなか市の高校受験対策は

どのようにやればいいのか?

というと

 

楽しんでやればいいのです。

 

どういうことか?

というと

 

高校入試の受験勉強は大変だ!

などと言っている人は、

現実が分かっていないから、

なのです。

 

受験勉強は大変じゃありません。

 

むしろ、

数年後の大学受験の勉強の方が、

よっぽど大変です。

 

さらに、

社会人になる試験も大変だし、

社会人になってからも、

大変なのです。

 

いや、高校受験の大変さよりも、

社会人になってからの方が、

よっぽど大変なのです。

 

経験が無いから、あるいは

子どもだから、

自分がやっている受験勉強は大変だ、

と思うのでしょうが、

その大変さは、

もっともっと大変になっていくのです。

 

 

・・・いや、遊んでばかりいる大人もいますよ

・・・という意見もあるでしょうが、

大人だろうが子どもだろうが、

遊んでばかりいれば、

それ以上の苦痛が、

後からやって来るのです。

 

それは、まあ、宇宙法則です。

 

先に苦労すれば、

後からラクな結果がやってくる。

 

先にラクを求めると、

後から苦労がやってくる。

 

単純に言えば、

嬉しい・ラクな結果は、

苦労の後にしか、

ありえないのです。

 

嬉しい・ラクなことを先に得ると、

その後から苦しい現実がやってくる。

 

簡単な理屈です。

 

高校受験というのは、

そういう世の中の仕組みを、

最初に実感する、

プログラムなのです。

 

 

面白おかしく勉強すれば苦労しないでしょ、

という考えもあるでしょうが、

残念ながら、

そうはいきません。

 

面白おかしくやった勉強は、

それなりの結果しか、

無いのです。

 

小学生のお稽古ごとみたいなノリでは、

うまくいかないのです。

 

小学生のお稽古ごとみたいなノリは、

子供だまし

と言うのです。

 

 

大人の感覚ならば、

相当頑張った後に、

嬉しい・楽しい・ラクな結果が、

待っている、

ということです。

 

その前後関係は、

セットなのだ、

ということです。

 

 

と、いうことで、

受験勉強なんか、

どう見ても「苦労」なのだから、

それを受け入れて、

 

どうせなら、

その苦労を楽しんでしまえ、

という、ことです。

 

苦しそうにやっても楽しそうにやっても、

その中身は「苦労」なのだ、

ということに、

変わりはありません。

 

だったら、

その苦労を、

楽しんでしまいましょう。

 

 

スポーツなどの他の人間活動にしても、

先にトレーニングなどの苦労があってこそ、

勝負に勝つなどの喜びが待っているのです。

 

その順序は、

しょうがないのですね。

 

だったら、

スポーツみたいな感覚で、

受験勉強を、

楽しんでしまいましょう。

 

 

・・・お稽古ごとみたいな子供だましは、

通用しません。

 

誰の目にも明らかな苦労に挑戦してこそ、

最高の結果が待っているのですね。

 

そう、それって、

高校受験に限らず、

大人になってからも、

真理なのですね。

 

だから、

受験予備校常勝は、

高校受験で終わらない、

一生役に立つ考え方や行動原則を、

指導しているのです。

 

 

それが、

体験授業だけ、とか講習だけ、といったような

短期間で 習得できるのか?

というと、

まあ、短期間なりの理解と結果にしか、

ならないでしょうね。

 

それも、

物理法則ですね。

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ