029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

テスト 中学 小学 成績 考え方 通常授業

ひたちなか市で成績が上がる勉強法

ひたちなか市の学習塾・個別指導塾

受験予備校常勝の吉村仁です。

 

覚えるだけでは ダメですよ。

 

問題演習をもっとしなければ、

いけませんよ。

 

・・・ごもっともです。

 

覚えるだけでは、いけません。

 

問題を解く必要がある。

 

それは、その通り。

 

でも、ちょっと待って下さい。

 

覚える、といいますが、

そもそも、覚える量が、

少なすぎる んじゃ、ないでしょうか?

 

 

もともと、大して覚えていないし、

覚えたはずのことも 曖昧なのに、

演習ばかりやっても、

ダメなんじゃ、ないかな。

 

財布の中身が50円しか入っていないのに、

一生懸命、財布をひっくり返して、

振り回しているようなもの。

 

いくら頑張っても、

もともと、50円しか入っていなかったのです。

 

どれだけ財布をシェイクシェイク!しても、

財布からは、50円しか、出てきません。

 

だって、もともと、50円しか、

入ってないんだから。

 

・・・あれ? 足りないや。

 

そう、気付いたなら、

あとからでもいいから、

あと100円、入れましょう。

 

そうすれば、次には、

150円が、

財布から出てきます。

 

というより、

150円を、もともと

入れておけば よかったのですね。

 

 

ほとんどの場合、

演習とかアウトプットとか、

それ以前に、

覚えるとか、インプットとか、

そういう 手前の段階が、

足りないのです。

 

正しく理解していないし、

覚えていないのだから、

どれだけ気取って

問題集をいじってみても、

大した結果には、なりません。

 

問題を、すり替えては いけません。

 

もともと、理解していなかったのです。

 

もともと、覚えていなかったのです。

 

もともと、覚えた量が、少なすぎたのです。

 

「ミスった!」

と、言い訳しても、

通用しません。

 

テストでも受験でも、

その 「ミスった!」で、

結果が決まるのです。

 

その 「ミスった!」が

全てなのです。

 

あなたが言っている「ミスった!」は、

そもそも、正しく理解していないし、

正確に覚えていなかった ということだし、

覚えた量も、足りなかったのです。

 

つまり、ミス、では なくて、

起こるべくして、ミスした、ということ。

 

当たり前の結果として、

外した、ということ。

 

 

時代がそうさせているのでしょうが、

なんでもかんでも、

ちょちょいのちょい!とばかりに、

簡単に、すぐに、手に入る という、

大きな勘違いをしている子どもが、

大量増殖しているようです。

 

あ、わかった。

あ、覚えた。

あ、できる。

・・・と、なんでもかんたーーんに、

手に入ると思い込んでいる。

 

でもね。

それは、不可能です。

勉強の場合は。

 

自動販売機とは、

違うのです。

 

 

宇宙法則があります。

それは、

簡単に手に入ったものは、

なんであれ、

簡単に失う、ということ。

 

まあ、そういうことが 今は

分からなくても、

強制的に、

分からせられる時が来る、

わけですが。

 

痛い思いをして、

でしょうけどね。

 

 

テストの結果などの

アウトプットが悪いのは、

もともと

インプットが、圧倒的に、

足りなすぎるのです。

 

 

ミスだ、なんだ、と 言い訳を考える前に、

そもそも、

インプットを増やしましょう。

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ