029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

サムライ昇龍 考え方

どうゲームを楽しむか?

私事ですが、母が緊急入院しました。大腿骨を折り、骨の中に金属を埋め込む大手術でした。おかげさまで手術は成功しました。2週間後に退院の予定です。

実は、母の入院は半年ごとに3回目です。最初は圧迫骨折、2回目は栄養失調、そして3回目は大腿骨骨折です。

母は、パーキンソン病で認知症なのです。長年、自宅介護してきましたが、前回の入院の時に限界になり、老人ホームに入りました。ですが、ホームでも骨折しました。

老化は悲しいですね。

泣き言を言いたいのではありません。同情を買いたいのでもありません。

ただ、老化は、誰にも止められないんだな、とつくづく思うわけです。

子どもの頃は、早く成長してほしい、と願うのですが、25歳ぐらいから老化が始まります。

そうなるとあべこべに、老化しないでほしい、止まって欲しい、と願うわけです。

そして30歳40歳と、ゆるやかに死に近づいていくわけですね。

あたりまえのことなのに、他人事のうちは、実感がありません。

でも、身近なことになると、一気に痛いほどの実感がありますね。

ひたちなか市で塾を始めてから、早くも20年になります。私も白髪頭になってしまいました。

同級生は、両親とも死んだそうです。私も、父は震災の年に死にました。

母には長生きして欲しいですが、認知症になってしまった母を見ていて、人生のことを考えてしまいます。

塾の生徒様にはいつも申し上げているのですが、勉強や受験って、良くても悪くても、命に別状はありません。

ですから、所詮はゲームです。受験というゲームをどう楽しむか?が人それぞれに違うだけですよね。

でも、ゲームという点では、人生そのものも同じですね。

おじいちゃんおばあちゃん世代の頑張りによって、今でも日本は世界3位の経済大国です。

また、政府・政治家や自衛隊の皆様などが、平和を守って下さっています。

ですから、どう生きようが、基本的には、命に別状はありません。ありがたいことです。

子どもでも大人でも、健常者でも障がい者でも、どうゲームを楽しむか?

微力ながら、そのサポートをさせていただいております。

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ