029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

考え方

楽と苦労

ひたちなか市の進学塾・個別指導塾・学習塾

受験予備校常勝の塾長の吉村です。

 

 

(若い時の)苦労は買ってでもしろ

という言葉がある。

 

死語になっているようだが。

 

この言葉を解釈すると、

半分正解だが、

半分間違いだ、

と思う。

 

 

苦労しなければいけない、

というのは、

他人に苦労を強いる、

他人に苦しみを強いる、

昔の人の性悪な性質もあると思う。

 

 

この言葉の裏には、

俺は苦労したんだから、

お前はもっと苦労しろ、

お前も苦しめ、

という、呪いみたいな考えがあるだろう。

 

苦労の連鎖

というわけだ。

 

 

で、本当に苦労が必要なのか?

といえば、

 

案外、成功した人は、

苦労を苦労と思っていない、

と思う。

 

他人から見れば苦労だが、

本人は苦労と思っていないのであれば、

苦労ではない、

彼は苦労しなかった、

ということになるのだろう。

 

 


で、現実的な話が、

 

成功するのに苦労が必要なのか?

といえば、

 

苦しみながらやったのでは、

成功しても苦しみが消えないことになる。

苦しみの集積でしかないわけだ。

 

それによって得たものが

果たして本当に成功なのか?

というと、

物質的と精神的を、

別々に考えないと、

曖昧になってしまう。

 

物質的には成功したが、

精神的には失敗した、

ということか。

 

 

他人目には苦労でも、

本人は苦労だと感じなかったとすれば、

その果ての成功も、

苦しみではないだろう。

物質的な成功と精神的な成功が、

同時に得られたわけだ。

 

本人にしてみれば、

苦労とは感じなかったが、

他人目には苦労にしか見えないような精進を積み上げた、

だから成功した、

だから成功した今も苦しみは無い、

という言い方になるだろう。

 

 

ただ、

物理法則として考えると、

突然に成功が降ってくる、

などということはありえないわけで、

成功の裏には、

それに至った原因とか蓄積があるということで、

 

それを省略して成功する、

などということは、

ありえない、

そういうことを言っている諺なんだろう、

と思う。

 

 

成功したいなら、

楽がしたいなら、

先に労力を惜しむな、

 

傍目からは苦労にしか見えないような努力をせよ、

精進せよ、

苦労せよ、

そういうことなわけで、

 

先に怠惰や楽をするとどうなるかといえば、

後からどんどん苦しくなる、

楽しくなくなる、

苦労がやってくる、

 

つまり

 

(他人目の)苦労があってこそ

後から楽が来る

ということで、

 

楽が先にあると、

後から苦労がやってくる、

 

だから、

 

先に苦労をしておけ、

ということだろう。

 

 

万人に通じるように

苦労

という言葉を使っているが、

苦しみを伴うか伴わないかは

本人の考え方・思考回路・価値観の問題で、

 

労力を厭わず

精進せよ

そうすれば 成功は

確実に近づいてくる

 

と、解釈しよう。

 

 


よくある疑問・質問はこちらをご覧ください。

 

受験予備校 常勝(常勝教育グループ吉村学院)
勝田教室:茨城県ひたちなか市東石川3-22-1 宮前ビル新館2F

TEL : 029-354-1241  (FAXは使っておりませんのでメールかフォームで) : 029-354-1241

Email : info@josyo.jp

 

---------------------メニュー---------------------
春期講習
夏期講習
冬期講習
小学部
中学部
高校部
スーパー先取り学習
水戸一高に合格できる理由
合格実績
合格体験記
親御さまの声
成績保証・合格保証
常勝について
塾長について
入塾のご案内
絶対合格
アクセス
写真
INTERNET授業
中学受験/高校受験/大学受験 のちがい
よくある疑問

    学校名 (必須)

    学年 (必須)
    高3高2高1中3中2中1小6小5小4小3小2小1幼稚園

    お子さまのお名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    お問い合わせ内容 (必須)

    メッセージ本文 (必須)

    どこで常勝を知りましたか? (必須)
    チラシ看板電話帳検索広告SNS紹介うわさその他

    © 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ