029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

成績 考え方

寸止め

ひたちなか市の進学塾・個別指導塾・学習塾

受験予備校常勝の塾長の吉村です。

 

 

塾長は高校時代には柔道をやっていたが、

古武道にも興味があった。

 

空手は現代の武道の中でも柔道に近いので、

興味があった。

 

時代背景もあって、

子どもの頃から、

大山倍達の本を読んだりした。

 

 

その中に、

寸止め

という言葉があって、

大山倍達は

それを否定していた。

 

 

寸止めというのは、

突きにしても蹴りにしても、

相手の体に触れるか触れないか

ぎりぎりのところで、

止めるのだという。

 

空手には、

打ち抜かないけど、

同然の状態なのだから、

勝ちを認める、

という決まりがある、

というのだ。

 

そういうことは、

柔道にはなかった。

 

柔道は投げ飛ばし、

関節をひねり、

気を失うほどに締め上げる。

 

空手には、

面白い?不思議な?

ルールがあるんだな、

と驚いた記憶がある。

 

 

で、大山倍達は、

寸止めの空手、

つまり

打ち抜かない武道って、

おかしくないか?

と批判したわけだ。

 

 

生きた牛を素手で一撃で殺す、

それが空手の威力だ、

と、

牛角手刀折り

などというパフォーマンスを売りにし、

 

山積みにした瓦や板を破壊する程の威力

これこそが空手なのだ、

と、売り込んでいた。

 

そうだよなあ、

それが武道だよなあ、

と納得したものだ。

 

 


で、大山倍達の

寸止め否定論を

勉強に応用すると、

 

寸止めの練習をしていたのでは、

実戦でも、

寸止めしてしまうのではないか?

つまり、

実戦には使えないのではないか?

 

というのは、

 

勉強も、同じなんじゃ

ないだろうか。

 

 

寸止め

つまり、打ち抜いていないのに、

それと同じだと「みなす」練習

そればかり日常的にやっていると、

結局、肝心なときに、

使い物にならないのではないか?

 

 

できたつもり。

やったつもり。

マルのつもり。

分かったつもり。

って、

「みなす」日々じゃ、

肝心のときに、

勝てないんじゃないか?

 

 

そうではなくて、

練習自体、

打ち抜く練習をする。

 

「つもり」ではなくて、

究極レベルまでやる。

 

その積み上げで、

レベル自体が上がっていき、

凄いなあ、

と言われるレベルにまで、

なれるのではないか。

 

 

傍目から見れば

似たようなことをしているように見えても、

寸止めか

打ち抜くか

の差の積み重ねで、

最終的には、

相当な差になるんじゃないか?

 

 

勉強についても

同じだと思う。

 

手前で手を抜く練習?

そんなの、

やっぱり おかしい。

 

 

やるべきことは、

スコーンと、打ち抜く。

その 積み上げでしょ。

 

 

受験予備校常勝は、

寸止めじゃなくて、

打ち抜くように、

指導しています。

 

 


よくある疑問・質問はこちらをご覧ください。

 

受験予備校 常勝(常勝教育グループ吉村学院)
勝田教室:茨城県ひたちなか市東石川3-22-1 宮前ビル新館2F

TEL : 029-354-1241  (FAXは使っておりませんのでメールかフォームで) : 029-354-1241

Email : info@josyo.jp

 

---------------------メニュー---------------------
春期講習
夏期講習
冬期講習
小学部
中学部
高校部
スーパー先取り学習
水戸一高に合格できる理由
合格実績
合格体験記
親御さまの声
成績保証・合格保証
常勝について
塾長について
入塾のご案内
絶対合格
アクセス
写真
INTERNET授業
中学受験/高校受験/大学受験 のちがい
よくある疑問

    学校名 (必須)

    学年 (必須)
    高3高2高1中3中2中1小6小5小4小3小2小1幼稚園

    お子さまのお名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    お問い合わせ内容 (必須)

    メッセージ本文 (必須)

    どこで常勝を知りましたか? (必須)
    チラシ看板電話帳検索広告SNS紹介うわさその他

    © 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ