029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

未分類

大晦日も元日も毎日勉強するのが受験生

ひたちなか市の学習塾・受験予備校常勝の塾長の吉村です。

今日は2022年令和4年1月1日。

今は元日の昼間です。

ひたちなか市で「セカンドスクール」という名前で開業してからすぐに「常勝」と名前を変え、

最初の10年ぐらいはいわゆる普通のクラス集団形態やマンツーマン個別指導の形態で

「普通の」学習塾でやっていましたが、

10年ちょっと前に過激に「普通でない」形にして、

10年以上毎年、学年1位を出し続けてきました。

そして、大晦日も元日も毎日勉強するのが受験生ということで、

ひたちなか市で開業してから20年以上、ずっと大晦日も元日も毎日勉強してきました。

自分が現役の受験生だった時代はもちろん、

社会人になってからも、新聞社ですから元日出勤は当たり前で、

次の警官時代も元日から出勤で、

要するに一生、元日は勉強するか労働するか、

のんびりすることのない人生でした。

では今後は?というと、まあ、ずっと同じになると思います。

大晦日も元日も勉強か労働か。

それでいいんです。

ただ、歯を食いしばって泣きながらやる、というのでは、不幸になってしまいますね。

それでは何のために勉強・労働しているのか、オカシナことになってしまいます。

勉強している「今」、楽しみながら、充実の時間を過ごした方がいいですよね。

泣くほど嫌なら止めなさい。

勉強が全くできなくても、殺されるわけではありません。

ならば、何故、何のために、勉強・労働するのか?

泣くほど嫌なら止めなさい。

必要だから、やりたいから、やりましょう。

 

大晦日も元日も、生きている限り、毎年やってきます。

大晦日とか元日とかいうことではなく、「今」何をするべきなのか。

大人の視点で、「今」何がしたいのか。

 

まあ、精神論は時代錯誤です。

遊んでいたいなら遊んでいなさい。

一生あそんでろ。

 

強制なんか一切していないけど、今日も皆、勉強しています。

 

 

© 2022 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ