029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)
ひたちなか市那珂市の学習塾・個別指導塾・進学塾 受験予備校常勝の塾長の吉村

考え方

反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」

反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」

https://toyokeizai.net/articles/-/213255

という興味深い記事がありました。

反抗期の小5男の子を持つ、母です。
極度の面倒くさがりで、興味対象が少なく、諦めが早いです。
日常、宿題→やりたくない→寝転がる→そのまま1~2時間ダラダラ
→「やりたくない」「できない」と泣き出す。寝転がる
→私が注意する→キレる→悪態をつく
→うるさいこと言われたからやりたくない→物を投げる→泣き叫ぶ……
という感じです。
そのあと、落ち着いて宿題をやると、15分もしないで終わります。
「お母さん、終わった、明日からはちゃんとやる」と言いますが、
次の日も同じことの繰り返しなのです。

プライドが高く、完璧主義ですが、努力はしません。
なので、勉強することよりも、間違いを直すこと、
覚えるために字を書くことが嫌いです。

私も、手をかえ品をかえするのですが、やはり、
最終的に息子の態度に怒ってしまいます。
反省してはいるのですが、やはり、リモコンを投げつけられたり、
棒を振り回されたりすると、捕まえて手を上げてしまうことも……。
本当に一筋縄ではいかないのですが、
どうしたら、逃げ出さない、壁に向き合うことを理解させられますか?

というのですね。

・・・子育て失敗じゃん?と評論するのは簡単ですが、そうではなくて、この記事の先生は、「諦めなさい」とアドバイスされています。

詳しくは、本文をお読みください。

親の尺度を押し付けるのではなく、子どもの適性を伸ばしてあげるように補助してあげてください、ということですね。

誰でも適性というのがあって、誰でもオリンピック選手になれるわけではない、ということですね。もしかしたら、子どもは頭を使うことに向いていないのかもしれない。そういう可能性は受け入れるしかないのですね。

そうは言っても義務教育の程度はやらないと・・・と思っても、子どもには通じないわけです。ただ命令してくるとしか、子どもには思えない。その場合は、親は、まずは諦めるしか、ない。

その上で、専門家に依頼することも有効でしょう。子どもとの接し方を変える、ということであって、子どもの可能性自体を諦める、ということではないわけです。

子どもとの人間関係を改善するために、強制することを諦める、ということですね。

保護者の方は、健康管理などに集中していただき、勉強については、信頼できる人に任せればいいのです。

受験予備校常勝が、お役に立てるかもしれません。

脳に病気や障害がある場合は療育が必要ですから、受験予備校常勝のような健常者向けの学習塾は向かないので、児童発達支援放課後等デイサービスの「じょうしょう塾カネアゲ店」などで支援を受けることをお勧めしますが、

脳に病気や障害が無い健常者の場合は、成功法則に個性程の種類は無いのですから、サムライ昇龍合格術を習得されることをお勧めします。

いずれにせよ、自己流ではダメですよ。

 

反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」
反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」
[`google_buzz` not found]
反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」
反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」
反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」
Pocket

-考え方
-

© 2021 ひたちなかの同級生ゴボウ抜き学習塾|高校受験塾なら常勝

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。