029-354-1241

【電話受付時間】
9:00~20:00(平日・土日祝とも)

考え方

世界に一つだけの花

SMAPが、解散しますね。

 

その是非はともかくとして、

 

ファンが、

既に億万長者のメンバーのために、

さらに50万枚売上を伸ばして、

300万枚にするために、

SMAPのCD販売の大キャンペーンをやっている

のだそうです。

 

ジャニーズ事務所が仕掛けたのでしょうか。

 

ジャニーズ事務所は美少年を扱って

長年、大儲けしてきたのだと思いますが、

グループのトラブルも上手に使って、

際限なく、金儲けするのですね。

 

凄いですね。

 

「世界に一つだけの花」

が、一番売れている、

のだとか。

 

ゆとり教育の時代に、

「世界に一つだけの花」

が、学校の内部にまで入り込んで、

学校の教員たちが

生徒に歌わせていたようですが、

その曲が、

一番売れているのだそうです。

 

一種の洗脳効果

でしょうかね。

 

ゆとり教育の時代には、

政治と、

学校システムの中にまで、

入り込みましたね。

 

移行措置の時代も含めれば10年どころじゃなく、

まあ、20年近くもその影響があったのだから、

ゆとり教育の影響は絶大で、

ゆとり教育の世代とゆとり教育を推進した教員を中心に、

否定された後もゆとり教育の影響はずーーっとくすぶっていて、

ゆとり教育の否定は自己否定になる、

ということ(自己正当化)なのか、

文科省が完全否定した今でも、

「世界に一つだけの花」という、

ゆとり教育讃歌は、

大人気なのだそうです。

 

長年の政策全体でみれば、

個人主義を強力に推進し続けている流れなのだから、

「世界に一つだけの花」の価値観?詭弁?や

否定されたはずのゆとり教育の価値観?詭弁?は、

ゾンビみたいに、

何度も何度も復活するのでしょう。

 

GHQによる戦前の日本の徹底的な破壊は、

半世紀以上を経て、

見事に、花開いたのですね。

 

今年の年末でSMAPは解散するそうなので、

「世界に一つだけの花」も、

今年いっぱいで、

終わりでしょうか。

詭弁は終わりにしましょう、

ということで。

 

懐メロとしての価値は、

あるでしょうけどね。

 

大人も子どもも

怠惰や負け犬を正当化するみたいな

のん気なこと歌ってた時代もあったなあ、

日本はあの頃一気にダメになったんだよなあ、

・・・という具合に、懐かしむために。

 

 

 

© 2021 ひたちなか市の学習塾なら高校受験に強い常勝へ