テスト, 中学, 実績, 成績, 日立一・日立1, 水戸一・水戸1, 水戸二・水戸2, 緑岡, 考え方, 通常授業

第一志望の茨城県立高校に合格するためにはどうすればいいのか?

ひたちなか市那珂市の学習塾・個別指導塾・進学塾

受験予備校常勝の塾長の吉村仁です。

 

第一志望の茨城県立高校に

合格するためには

どうすればいいのか?

というと

 

スランプ脱出法を知ればいいのです。

 

どういうことか?

というと

 

水戸一高

日立一

緑岡高校

水戸二

などの

第一志望の茨城県立高校に

どうしても合格したい!

という人は

 

頑張れば頑張るほど

空回りしたりします。

 

学校の実力テストでも

茨城統一テストでも

新教研テストでも

思うような点数や偏差値や合格判定が

出なかったりする。

 

じゃあ、

何をやればいいんだ!?

どうすればいいんだ!

・・・という具合に、

焦りばかりで、

なかなか 結果が出ない。

 

必死に勉強しているつもりなのに、

結果が出ない。

 

焦りますね。

 

不安になりますよね。

 

そういう場合、

どうすればいいのか?

というと

プロテニスプレーヤーの

錦織選手に見習えばいいのです。

 

彼は、

世界ランキング上位に入っても、

なかなか伸び悩んでいた。

 

そこで、

マイケル・チャンに、

コーチを頼んだ。

 

すると、

新しいコーチが

彼にやらせたのは、

まるで、高校の部活みたいな練習をすることだった・・・。

 

そう、徹底的な

基礎練習です。

 

部活みたいな練習。

 

世界トップレベルの人、

ですよ?

 

びっくり、ですよね。

 

でも、

伸び悩んでいる人というのは、

どこか、

思い込みがある。

 

それを、リセットしたのですね。

 

基本に戻った。

 

すると、

障害だった所が、

解消されたのです。

 

すると、

もともと実力はあったので、

ブレークスルーした。

 

で、結果が出るようになった。

 

と、いうのですね。

 

 

スポーツの例ではありますが、

勉強でも、

同じことが言えます。

 

行き詰ったら、

基礎練習に戻る。

 

 

また、

アジア人は肉体的に劣っているので、

その弱点を克服するには、

戦略が大切です。

 

その点も、

勉強でも同じ。

 

劣勢なのに勝つためには、

戦略が、

最も大事です。

 

精神論では、

勝てない。

 

 

ということで、

 

スランプ脱出法を実行すること

だけでなく、

計画的に

戦略的に

受験勉強を進めること。

 

そのためには、

マイケル・チャンのような

優勝した経験を持つコーチが必要ですね。

 

 

受験予備校常勝の塾長の吉村仁は

それを、

やっているのです。

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.